ページ内を移動するためのリンクです。

on a ダイエット!

美容に関するクチコミが満載!いつまでもキレイでいたい女性のための情報ポータルサイト「美容情報.jp」

NEW!新着記事一覧

ブログ登録はこちら

人気ブログ

loading...

新着記事

loading...

人気記事

loading...

新着ブログ

loading...

トップ > 食生活トップ > 再)削除&追記-5/26質問会(摂食障害と生き辛さ)について

再)削除&追記-5/26質問会(摂食障害と生き辛さ)について

燃焼系ボディは食べて作る!摂食障害も克服!

 ↑
初めての方はリンク
集から読んでね★

 

 

 5/23

・キャンセルされた方の質問の削除

・新規申し込みでいただいたご相談追記

-------------

 

ステップあやです☺ 。

きのう5/19は臨時開催の第一弾が終わりました。
 
ワークのクラスだったので心を使うより頭を使ったのか、とても疲れました。私は、出だしの挨拶のときから、涙が何度も込みあげてしまったら、参加者の方ももらい泣きさせてしまいました、、反省。
 
 
今日も個人セッションで話きいてるうちに、泣いてしまった。
あの苦しみを抜けだした方のよかった報告や、つらかったことをつらかったと認識できた人の話は、どうしても泣いてしまう。
 
私はいい涙なんだけど、カウンセラーとしては駄目なんだろうな。。と自分をジャッジしてしまうので、私も皆さんにおくばりしたワークを実践します。
 
さて、今週末5/26も、質問会中心のクラスがあります。
 
 
19日の講座は質問会メインじゃなくお勉強会みたいなクラスだったのですが、ワークのあと最後40分くらいつけた質問会について「面白かった」とか「色んな人の質問で気づきが多かった」、という感想を多くいただきました。
 
 
人の質問を聞いてどうなるの?っておもう人も居るみたいですが、自分の疑問や悩みを自覚はしていないことも多いとおもいます。それが、人の質問きいているうちに自覚できたり、あるいは、そういえば自分も前はそこで悩んでいたけど今はもうその悩みは超えたな・・などと気づけたり、ということがあるようです。っ
 
その会によって、出る質問も、雰囲気も、全く違いますし、同じ会でも感じ方は人それぞれ、同じ人でもそのときの自分の立ち位地によっても感じ方は違うと思うので、皆にいいですよともいえないのですが、 でも長年やっていて全体でみて、質問会の部分は好きな人が多いように思います
 
(なかには、人の辛さもらってしまうから苦手という方もいるのですが)。
 

ただ、私の講座では、参加者同士でわいわいと意見交換することをメインには、しておらず、私と参加者のやり取りが中心で、ここは誰か体験者の人の声がほしいとおもうところがあれば、その点について私から皆さんに意見を求める、、というようにしています、。
 
理由の一つは、女子会みたいなのが苦手なひとも参加しやすいように(なじめない、とけこめない、浮く、がないように)。それと、集まるのはまだ苦しんでいる人同士の場合供依存的になりやすいことが二つ目。次に、自分の今のところの経験だけで、人にジャッジしたりアドバイスしてしまったりということがないように。
 
…というのは、昔フリートークみたいにしていた頃に、大変なことになったので、現在は、私が司会進行つとめるようにしています。
 

 

以下今週末の26日の大体の感じです。

 

・26日は「ロノ字型」の席配置で行います。

 
(教室形式だと私-皆さんの目線なのでそれがいい人もいるのですが、ロノ字は、同じようなところでうなずいたり質問されたりする皆さんの表情もみえるので、自分だけじゃなかった…という気もちは共有しやすいように思います。)
 
・こちらのクラスは現在のところ8~10人程度の少人数ですので、みんなの質問に一度は答えられそうなかんじです。
 
・聞いてるだけでもかまいません。
 
・少人数が苦手、話すのも話しかけられるのも苦手という連絡もいただいていますがそういう方は「あえて溶け込もうとせず」、聞いてるだけでも何か一つヒントあればいいな、というくらいで参加されると得るものがあるとおもいます。人が苦手な方は、一番前の私のすぐ近くに座ると、ほかの参加者が視野に入らないので緊張しにくいとおもいます。
 
・当日の質問の受け付け方は、前回は紙に書いてもらう形でしたたが、今回は私が申し込み時やそのあとに私宛にメールやLINEでいただいた質問やお悩みを読み上げて、いくつか私がワンポイントアドバイスする時間と、皆さんの口からお悩みや質問を話して頂く時間をつくろうと思っています。
 
*ずっと質疑応答は挙手だけだったのですが、手を上げて話すのが勇気がいるみたいで、質問が出ないときの、しーんとした感じが苦手な人もいるみたい。紙に書いてもらったら一杯質問がでてきました。

 

 

▼申し込み時やそのあとに届いている参加予定の方からの質問は以下のようなかんじです。

 
 
▼午前の部(食(食症状)、運動、体重や体型関連)
 
・体重の増加時期の乗り越え方

・過食欲が治まらない。我慢すればするほど苦しい。心の問題とわかってはいるけど、そこから前に進めない。体重のこだわりはないとは自分では思っているけど、あやさんのブログの通り食べたい物を食べたいだけたべたら絶対に過食になる自分がわかる。それをストップ出来る日が来るのかと思うと怖くて出来ないし、毎回の食事も量が気になったり人目を気にして美味しいとかんじられず。毎回苦しい食事。人生絶望的になる。治すためにはどこから始めればいいのか。
 
・摂食障害になり食の事しか考えられなくなり、仕事も忘れっぽくなったり、気分が沈み手がつかなくなり出来なくなってしまってからの金銭面、将来の不安。
 
・摂食障害が治ったかどうかはどう判断するのでしょうか?
まだ渦中ですが、症状が落ち着いたからと治ったわけではないと本に書いてあり、では、どうなれば治ったと判断できるのか。
 
・人と食事することが、返って自分の大食いとのギャップにショックをうけ、その場では同じ量で済ませてしまうが
その小さいショック(ストレス?)で、後で私の胃はどうなってるんだ、、と食べ出す事が多いです。人と関わらないのは寂しい。
でも、人と比べてしまう自分認められない自分。いきづらい。

・毎日仕事に行けるようになりましたが、それは、過食のおかげであって、過食は 私を労うと共に、痛めつけるもの。付き合いかたを日々模索中。
 
・太っているから、、、をすべての理由にしてしまう。違うよな、と思っていても、恋も、おしゃれも、趣味も自分を楽しませることができない。
 
・ジムは行っても余計に苦しむだけで、わかっていても、つらいし理解してくれる人がそばにいたらなと思ってしまいます。
 
 
▼5/23 追記
 
・摂食障害が治っていない中で、短期間ダイエットをする事はやはりダメでしょうか。
 
・食に関して
好き嫌いとは別に食べられないものが多い(揚げ物、ジャンクフード等)。人と食事するときに、そういうものを食べざるを得ない状況になるとすごく動揺。特定のものを食べないことを、他人はどう感じているのかがとても気になる(自意識過剰だという認識もあります)。

食べ物を取捨選択するわがままさに自己嫌悪に陥る一方でヴィーガンやベジタリアンのように自らの食に関する思想をお持ちの方と何が違うのか(私の場合、食に関する基準が「イメージ」という主観的なものであり、一緒にすると怒られそうですが...)と割り切らなければ、自分を守れないような気がしている。

運動について
仕事で疲れている時も、出勤前の運動が義務。職業柄、平日の昼食は自由に食べられないことが多く(なるべくお弁当持参していますが、お客様や上司に合わせざるを得ないことが多い)、カロリーのコントロールができない恐怖から、運動で消費しておきたいと考えてします。また、「運動しなかった=頑張れなかった、後退」「体重が増えた=後退」と考えてしまう結果、体重が増やせない状況。
 
----
 
5/23 20:40追記
====================
①過食嘔吐の一時の快感について
過食嘔吐は続いていますが、朝昼はきちんと食べるようになり、過食衝動は軽くなってきた。食べ始めの快感は減ってきたけれど、吐くときの快感は以前と変わらず、という感じ。「身体やココロ、人生が壊れないのだったらやり続けたい」という感じ笑
吐かないと夜うまく眠れないようにも感じます。
これを言い訳にして嘔吐を手放せません
もし嘔吐を止めれば、「嘔吐の快感を求める声」も軽くなるのでしょうか?
ちなみにちょっと前に禁煙していて(薬使用ですが)、今また吸い始めたけれど、ニコチンが身体に入ってきたときの快感が少なくなりました(不思議)。
こんな風に快感も変わってくるのかな。(じゃあ禁煙しろよと思いますが汗)

②「過食しても吐かない」「食べ過ぎても吐かない」が怖い、これ以上太るのが怖い
あやさんは今はスレンダーだけれど、太っていた時期もあるのですよね? 本の写真を見ているけど、なんだか信じられない泣
可能であれば、太っていたときの体験や気持ちを話してもらいたいです。
気づきがありそうだし、背中を押してもらえるような気がするので。

③パンパンのお腹を見ると愕然とします
ずっと夜過食嘔吐でしたが、最近夜あまり吐かないようにしたり(胃に残す)、吐かないようにしています。
お腹が空いて深夜に食べるときは吐きません。
食べ終わったあとにお風呂に入るときなど、パンパンのお腹を見て愕然とします。
過食のときは動けないほどなので、それ以上にパンパンなのですが。
耐えて受け入れるしかないのでしょうか。

④じりじりと太ってきました
過食嘔吐を止められたわけではないのですが、太ってきました(特に腰回り)。
年齢のせいもあるので、仕方ないなと思えるようになりました。
でもこれがあやさんが言っていた「じりじりと太る」なのか!と思い、過食嘔吐を手放したい気持ちが高まってきました。
またむくみによる急激な体形の変化も経験しました。
(産後のむくみ、久々のスノーボード後の筋肉痛とむくみ,etc.)
いろいろ経験したことで、痩せたい気持ちや太りたくない気持ちは少なくなってきたように思います。
でもやっぱりついた脂肪は醜くて嫌だし、浮腫んだ脚も大っ嫌いです。

⑤吐くのを止めたときの「不快」が怖い
「過食しても吐かない」「食べ過ぎても吐かない」というのは
不快に耐えなければならないんですよね。
責任を持ってそれを体感しないと食欲がおかしくなったまま変わらない、とわかってはいるのですが、
どうしても耐えられません。
過食嘔吐があってもそれなりに楽しい生活を送っているのに、それが急に崩れてしまいそうで怖いです。
===============

よさそうなものがあったら是非使ってください。

 
▼午後の部(生き辛さ関連の質問会)
 
・生き辛さとの関連に気づいてきたけどまだ、しっくりこなくてダイエットしたから反動が出ただけのようなきがしてしまっている。
 
・兄弟、姉妹に嫌われたくなくて、無理してしまう。
 
・仕事でも、常によく見られたいと気を張り疲れてしまい行けなくなることが多い。

・結婚を考えている人がいるが、こんなろくに仕事もままならない状態でわたしは結婚できるのか、家庭をもてるのか?
 
・自分勝手と自由にやるはいったい何が違うのかわかりません
 
・やりたくないことをやらないと伝えたい時の、心の持ち方
 
・女性として人生を楽しみたいし恋もしたいけど、小学生の頃兄弟の友だちに性被害をうけて以来、男性が怖い、信用できない、女性として見られるのが怖い。
でも男性に嫌われるのも怖くて自分の意見がいえず、そういうときは食症状に出る。自分の中の女性性を否定したくなる。
 
・あやさんの記事をよんで、私も男性依存であると気づくことができた。でも、依存を手放すのも怖い。
 
追記
 
人と接するとき、容姿や社交性で相手が自分をジャッジしている気がして、人にうまく心を開けない。自分の方がその人より下だと感じてしまうと、その人と対等に接したらその人が気分を害するような気さえする。私がそういう価値観で人を見ているせいだとも思うが、その世界から抜け出せない。そういう見方が和らぐためのヒントが知りたい。
 
▼5/23 追記
 
・0か100の思考で苦しくなる (主に辛くなるのは仕事中なのですが、調子の悪い時、一人ぼっちと思ったりして辛くなる。他人に何か言われたりするわけじゃないけど、自分でも自分がダメに思えてくるし、相手の態度とかを勝手に察して悪い方へいってしまう。殻に閉じこもり他人を避けてしまう。他人に話しかけるのが怖くなってしまう。逆に調子のいい時はルンルンで仕事している。ギャップがあって、周りにどう思われているのかなあと不安になったりします、中間を選べるようになれればいいのかなと思うが難しい。)

・仕事の人や家族とのコミュニケーション
(自分の思い込みから脱却するためと他人を頼る聞くをできるようになるために、同僚とコミュニケーション取りながら仕事しようとがんばっているのですが、つい合わせすぎてしまって辛くなる。
一緒に住んでいる兄弟に緊張、自然に会話出来ない。兄弟なんだから仲良くしたい思いと兄弟だって別に仲良くなくてもいいという思いに揺れたりする。)

・調子の悪い時の過ごし方ついて
(必要以上に自分を苦しめない為にヒント、アドバイスがあれば欲しい)
 
 
ラブラブ会の詳細・申し込みは以下のリンクをクリック
当日まで申込受付ます
↓クリック↓
 
5/26摂食障害と生き辛さ
当事者/家族/恋人対象の会

 

 

皆さんの応援ポチが更新の励みです✨

 ↓↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 摂食障害へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 過食症・過食嘔吐へ

 

 

 コメント&メール相談を送る前に
 >必ずコチラの注意事項とお願いをお読み下さい。

*SNS経由、LINE経由のメッセージも同じ扱いですのでご注意下さい。

 

コメント・ご相談メールは>こちらから
 
 


▼摂食障害と生き辛さに悩む
 ご本人/ご家族と恋人対象の会

>美人塾ってなあに?

▼申込受付中-臨時開催決定!!
≫次回は5月@埼玉
(大宮駅徒歩5分会議室)
-東京/上野/池袋から快速25-30分*新幹線停まります 
 
ベル次回以降の開催、臨時開催、申し込み開始のお知らせなどを最新情報をLineで配信します。

↓ご希望の方はこちら↓
Add Friend
*PCの方は↑を押して出てくるQRコードスマホで読み取ってください。 

ベルメールでお知らせ希望の方はこちら⇒★

 

 

個人セッションのご案内
 摂食障害と生き辛さ
 ご本人&支える周囲の方もどうぞ

>Skype・LINE通話・チャット
↑通年、受付中!
>対面セッション@大宮(日本滞在時)
↑次回は5/16~6/10

 

右矢印 ステップあやの書籍&お薦め本 

このブログはリンクフリー(無許可でリンクをはってもOKです


>> 続きをみる

燃焼系ボディは食べて作る!摂食障害も克服!の人気記事ベスト5

>>ブロガーページ

 

このブログ記事の評価
項目 1 2 3 4 5   ポイント
笑えた
 
0pt
役に立った
 
0pt
欲しい!
 
0pt
人に勧めたい
 
0pt
驚いた
 
0pt

燃焼系ボディは食べて作る!摂食障害も克服!

「燃焼系ボディは食べて作る!摂食障害も克服!」のプロフィール

ステップあやさん

18年のダイエット依存、摂食障害を克服。栄養不足で太りやすい体質になり一時は拒食+過剰運動で60キロまで太りましたが心と体、両面からのアプローチで摂食障害克服&ダイエットも成功

無理なダイエット、嘔吐、過剰な運動を続け”拒食症のおでぶ”になった私が語る、真のダイエット法。ダイエット依存や摂食障害からの脱出はもちろん、同時に幸せと食べて太らない体の両方を手にする方法です。

>このページをお気に入りに登録!

>ブロガーページへ

>URL:http://ameblo.jp/step-aya/


▼このページのリンクバナーです。以下のソースをお使い下さい。





ページトップへ戻る

みんなの記事評価ランキング

loading...

カテゴリ

loading...