ページ内を移動するためのリンクです。

on a ダイエット!

美容に関するクチコミが満載!いつまでもキレイでいたい女性のための情報ポータルサイト「美容情報.jp」

NEW!新着記事一覧

ブログ登録はこちら

人気ブログ

loading...

新着記事

loading...

人気記事

loading...

新着ブログ

loading...

トップ > 食生活トップ > ■拒食・過食嘔吐が治るまでの”食/体重/体型”の変化と感じ方の変化-その2

■拒食・過食嘔吐が治るまでの”食/体重/体型”の変化と感じ方の変化-その2

燃焼系ボディは食べて作る!摂食障害も克服!

 ↑
初めての方はリンク
集から読んでね★

 

 

 

▽本文ここから---

 
 
ひとつ前の記事のBさんの続き。心があのように変わったら食や体型はどうなったか、それに対する感じ方はどうなったのか。
 

↓↓

 
 
今日健康診断だったー
久しぶりに体重測ったら、少し戻ってたよ。
 
 
最近、食べ過ぎに抵抗してなくて、
前日もパスタにタルト食べたり
結構毎日開き直ってたけど、
(上げ止まりまで食べること続けてきたから)
そうそう増えないことに気がついた
というか実感した。
 
 
前に○キロって数字見たときは、
いつまで増え続けるんだろう、
今日もきっと更新だろって思ってたけど、
そこから3キロ減ってたよ。
 
 
*Bさんは要入院の低体重から、自分の感覚で”ぽっちゃり”位までいったん増えましたが、”治る過程では上げ止まりまで増えること” はもう、十分に分かっていたので、食べると決めたら体重コントロールのために食べることをやめたりはしませんでした。
 
 
できればあと10キロ位減って欲しいけど、笑、それより、体重や体型にとらわれない時間が増えた方が幸せだから、無理に痩せようとはしないで、”やりたいこと”をしていくね
 
 
 
上記のBさんのLINEだけでも、以下のような食・体重/体型の変化が分かるかともいます。
 
 
○拒食も過食も”やらないように頑張ってる”のではなく、ふつうに食べて満足して終了って自然になる自然な食欲になった。
 
 
○体重や体型に関しては、上げ止まりが来て、自然に減ってきた。
 
 
○まだ体型は気になるけれど(←気になること自体はふつうの女子でもあるからおかしくない)拒食脳の時みたいに太る=恐ろしい、人と会えない、どんな手段使っても太らないようコントロールしなきゃ…という恐怖と強迫観念ではなくなった。
 
そして、その強迫観念こそが、拒食や過食嘔吐を作っている心の症状なのですが、それが大きく回復している。
 
 
 

 

こうなれたのはBさん、前の記事に書いたように心の努力だけじゃなくて、食べる努力もしてきたからだよ。
 
 
私が過食を作る食べ方のこと、体の仕組みのこと、ブログやセッションやこの私のブログ*本で、色々説明してきてるんだけど、それをどう受け止め、どう行動に移していくかは人それぞれなんです。
 
だから私も、一般的に知っておいてほしいことはblogにかけるけど、個人的なアドバイスは、その時々のその人の話聞いてみないとなんて言ってイイか分からない。
 
 
Bさんの場合は、過食嘔吐を今日からやめる、というのは無理だった。
 
 
でも、やめられなくても、過食時以外の食事を少しずつ少しずつふやしていって、
 
徐々に、過食はもうしょーがないけど、過食時以外の食事をふつうに食べること”も、できるようになった。
 

 

それで、もちろん体重は増えます。

それでも”食べない選択”はしない、もできるようになった。
 
それは、食の問題だけじゃなく、前の記事のように心が、良くなってきたから、そうしよう、したい、ってスッと行動に移せたことなんだと思います。
 
あと、知識としてちゃんと「回復の過程は自分が落ち着く位置より多めまで太る。それから少しずつ過食が減るにつれ、太りすぎた場合はゆっくりと戻っていく」ってことや、なぜ、そうなるのか、てことも理解しておいたことも、
 
理解したその時は、心が追い付かなくて変化はなかったけど、、その知識もあるし、やってみようって行動の変化につながるタイミングが、心もかわってきたときに、やって来たんだと思います。
 
 
 
食べることも、過食嘔吐は完全に止まってなくても、できることからしてきたおかげで、飢餓ダイエットの反動のものすごい衝動は割と早いうちになくなってたの。
 

 

ただ、空腹ではないけど’とりあえず暇をみつけて食べて吐くみたいな感じ。

 

 
それで、食に関しての最後の一歩は、「許せないものを許せない量過食しても、吐かない」でした。
 
 
本人的には、過食嘔吐以外は食べることをしてきて、飢餓の反動のスゴイのが治っているとかんじていたからか、もう自分は食べることは関係ない、体の過食はない、と思っていたみたいだけど、
 
私は、ちゃんと食べてても「吐いてるから」満腹中枢が正常に働かなくなって、空腹でなくても過食したい、しちゃえ」になるんだよ、って説明してた。
 
ジャンキーなものもの味をたくさん味わっていると脳が感じているのに、吐いて体に吸収される栄養やカロリーが「食べ過ぎ」でなければ、脳はたくさん食べていいもの、って判断しちゃうから。
 

 

だから、心が追い付かなくて、できないときはできないんだけど「過食しても吐かない」を決意するときは、遅かれ早かれいつかは必要だと思うよっていってた。

 
 
 
心が追い付かなくて、、っていうのは、”まだ、痩せる太るが人生の重大事、太る=死んだ方がいい位恥ずかしいことだって認識の時は、太るのが怖すぎて過食しても吐かない、なんて恐ろしくてできないからだよ。
 
 
カウンセラーの中には「本気で治したい気持ちがないならカウンセリング来ても無理です、治せません」っていう人もいるけど、
 
私は「食べること太ることは怖くても、それ以上に治したい気持
ち」を一緒に育てていくのも、私のカウンセリングの役割だと思っています。なので、できないならできないで他にできることをやってく、というスタイルで、Bさんともそんな感じでやってきました。
 
 
食べることも、心と向き合うことも”今必要なことの中からできること”を一緒に考えて、私が思うことをいって、でも基本的に人はその人のタイミングでしか変わらないので、別に提案したことをできないからと言って怒らない。でも、私のせいにしないでねっていうけど笑。
 

 

職場や家族や病院の先生とのコミュニケーションの問題点も、指摘したりこうしたらどうかと考えたり、とかも一緒にやった。

 

(病院でもイイ子ちゃんだったから、なんでも「 頑張ります!頑張りたいです!」ばっかりで、正直な気持ち先生に話さないでモヤモヤとストレス抱えていたり、したから。そういう人多い都思うww)

 

 

 

そんな感じでやってきて、
食欲もよくなり
生きづらい心もよくなり、、
 
っていうのは、見ていて、わかってたんだけど
 
 
それなのに過食嘔吐やめられない自分に絶望

 

ってなっていて。

 
そういうタイミングだったから、
そろそろアレのタイミングじゃない~”
って話をしてたりもした。
 
 
彼女が最後までやらなかった
 
過食しないときはちゃんと食べる、
…じゃなくて
過食しても、吐かない。
許せないものを許せない時間に
許せない量の過食しても、
嘔吐や、絶食や野菜だけダイエットで
帳消しにしようとしない。

 

…をやる時かもよーって。

 
そうすることで、脳が「味覚や胃の感覚で”こんな味のものを、こんなに過食すると、こんなに余計な栄養/カロリーがちゃんと吸収されてつらくなるんだな。食欲を減らそう”って脳が勝手に判断して、勝手にもうイラナイ、ごちそうさまが、できるようになるんだよ、って。

 

 

 

そういっても、暫くはBさん、やらなかったね笑。
それで、そんなに飢餓の反動のスゴイ過食欲求はもうないのに過食嘔吐毎日してるって、落ち込んで、こんなこといってた。
 
↓↓
 
 
 
 
そう。Bさんに限らず、私の回復期もだったけど、すーっごく大きく改善してきても、「良くなってない部分」を自分が凝視してると、全然良くなってない「気がする」の。
 

 

回復ってそもそも、一直線で右肩上がりに治る人いなくて、螺旋階段みたいにグルグル似たようなこと繰り返しながら、よくなっていくもの。
 
でも、過食嘔吐してるORしてない、で考えたら「してる」になるから、そういう考え方してたら「治ってない」としか思えない。
 
だから、してる・してない、じゃなくて、、過食嘔吐やっててもその衝動の大きさをどうかと考えればよくなってる、一日中食べ物のことが頭から離れない感じはもうなくなってる、体重や体型についての感じ方も嫌だなとは思っても前に戻りたいとは思わない、
 
 
とか、色んな変化あるはずで、一年前の自分には夢のようで想像もつかなかったように変われている。
 
って気づけたら、今まだ治ってない部分も、そのようによくなっていくんだな、と捉えることができる。
 

 

ってのも、自分一人でぐるぐる考えていると、わかんなくなっちゃって「治ってない。もう治らない。」になっちゃうんだ。

 
だからそんなときこそセッションおいで、ってことなんだけど、でも、「まだ過食嘔吐やってるのにセッション行く意味あるのか?」とか言う意味不明の考えになる笑。
 
 
でも、悩みながらも来たね。
 
色んなタイミングと私が当日話したことは、いい具合に重なって、その日から「過食しても吐かない」がすっとできちゃった。
 
まだタイミングじゃないときは「やろう。。やらなきゃ・ああできない

>> 続きをみる

燃焼系ボディは食べて作る!摂食障害も克服!の人気記事ベスト5

>>ブロガーページ

 

このブログ記事の評価
項目 1 2 3 4 5   ポイント
笑えた
 
0pt
役に立った
 
0pt
欲しい!
 
0pt
人に勧めたい
 
0pt
驚いた
 
0pt

燃焼系ボディは食べて作る!摂食障害も克服!

「燃焼系ボディは食べて作る!摂食障害も克服!」のプロフィール

ステップあやさん

18年のダイエット依存、摂食障害を克服。栄養不足で太りやすい体質になり一時は拒食+過剰運動で60キロまで太りましたが心と体、両面からのアプローチで摂食障害克服&ダイエットも成功

無理なダイエット、嘔吐、過剰な運動を続け”拒食症のおでぶ”になった私が語る、真のダイエット法。ダイエット依存や摂食障害からの脱出はもちろん、同時に幸せと食べて太らない体の両方を手にする方法です。

>このページをお気に入りに登録!

>ブロガーページへ

>URL:http://ameblo.jp/step-aya/


▼このページのリンクバナーです。以下のソースをお使い下さい。





ページトップへ戻る

みんなの記事評価ランキング

loading...

カテゴリ

loading...