ページ内を移動するためのリンクです。

on a ダイエット!

美容に関するクチコミが満載!いつまでもキレイでいたい女性のための情報ポータルサイト「美容情報.jp」

NEW!新着記事一覧

ブログ登録はこちら

人気ブログ

loading...

新着記事

loading...

人気記事

loading...

新着ブログ

loading...

トップ > 食生活トップ > 追記)東京&大阪-摂食障害の方の家族恋人限定会参加者の感想(ステップあや)

追記)東京&大阪-摂食障害の方の家族恋人限定会参加者の感想(ステップあや)

燃焼系ボディは食べて作る!摂食障害も克服!

 ↑
初めての方はリンク集から読んでね★

 

クリックブログ村 摂食障害

クリックブログ村 過食症・過食嘔吐

クリック摂食障害ブログランキング

 
↓本文の前に
 

摂食障害と生き辛さ

当事者・ご家族/恋人対象の会

クリック美人塾ってなあに?(目的、参加資格など)

*次の開催情報はLINEやメールで配信→★こちら
 
 
目次
1)1/19東京大井町会場参加者の声
2)1/5 大阪会場参加者の声
 
 
1)1/19東京会場参加者の声
 
 
治し方の概念を変えてもらった。
ありがとうございました。
 
--------------------------
 
今日一番印象に残った言葉は「正しさより楽しさ」です。
当事者がそのように生きられるよう自分自身もそのように接していきたいとおもいました。
 
-----------------------------
 
去年の8月の家族会に参加させて戴き今日二回目です。
娘は一番苦しい時つらい時にあやさんのブログに出会い、本を読み、励まされ癒され救われて来ました。
 
娘を理解したい、寄り添いたいと思い参加させていただいています。
 
まだまだ回復途中で、これからも迷ったり焦ったり、傷ついたりと波はあるかと思いますが、今日のお話を振り返り参考にさせていただいて、二人で(三人だ、パパも入れてあげないと)、一歩ずつ前も向いていきたいとおもいます。
 
今日は本当にありがとうございました。
またお会いしたいです。これからも読ませていただきます。
 
--------------------
 
高校中退して引きこもり状態の16歳の娘の母です。食に関しては 今食べ吐きはしなくなりましたが、拒食傾向にあります。
 
高校受験の時期から高校中退の期間は娘が1番しんどかったと思いますが、母である私も辛かったです。
 
夫婦で支えなきゃいけないと思いながら関係は悪くなる一方。
娘も殻に閉じこもったようにすれ違いで。
 
正直言って「何もかももうどうでもいい」と思ってしまいました。

でもそこから、娘でなくまずは自分の気持ちを変えていきたい、夫婦としての在り方を見直してみようって思ったんですね。
 
あやさんのブログは以前から拝見していましたが、タイミングよく東京で開催されるし、眺めてばかりじゃなく行動しようと今回参加させていただきました。

摂食障害は、まず「自分が気がつく事」って言うフレーズが親である私にも響きました。「治す応援より楽しいを見つけてあげる」わかりやすい言葉でスッと入って来ます。

今は周囲との関わりを持とうとしない娘ですが、私達夫婦からまずコミュニケーションを取って、娘も会話に入りたくなるような雰囲気を作れるようになりたいと思いました!
 
質問は出来ませんでしたが実際お会いしてお話しを聞けて良かったです。ありがとうございました!

*掲載可です
 
---------------------------
 
 
先日、家族恋人会に参加しました○○です。
 
「治すために」どうしたらよいかと必死でした。
 
正直、当事者をこんなに真剣に思ってこれだけ勉強してこれだけ悩んで言葉をかけているのにどうして伝わらないのか、どうしたら伝わるのか、などと考えていました。
 
でもあやさんの話を聞いていて、私がしていたことは、「治らなかったらどうしよう」という自分の不安をぶつけていただけだったのかもなあと。
あやさんのいう「本人のペース」や「プロセス」を無視して「治すこと」を急かしていたかもしれないと反省しました。
これからは当事者のペースを尊重していきたいです。
 
-----------------------------

私はいつも「この本(この病院)良いよ」「これ読みなさい」と自分がいいと思ったら押し付けるような言い方をしていた。このまま治らなかったらどうなるの? いつまでやっての?などNGワード連発。
 
それが負担なのだと再確認したが、まずは自分が自分の不安を楽にしないといけないと思った。
 
「普通にいい学校に  普通にいい会社に就職して、普通に結婚して、 普通に子供を産んで」という普通の人生と異なることを駄目だと思っているからきっと、娘に伝わってしまってるのだと思う。
 
これからはあやさんがおっしゃっていた「どうあっても、どうなっても大丈夫」を育てること、私自身が先にやってみようと思います。
 
------------

先日の家族会に参加させていただきました!

あやさんが「アドバイスはいらない、良かれと思ってああしたら?こう考えたら?と人は言うけど、否定されているように聞こえることが多い」と言われた言葉に納得して、確かにそうだなあ、帰ったらアドバイスは止めようと思ったのに…。

帰って、大量のゴミの山と汚れたトイレを見たら、責めるつもりなどないのに、「吐いても太るらしいよ。吐くと脳が食べてほしい信号を送るらしいよ。」と。

アドバイスはしないって決めたばかりなのに、また、やってしまいました。

頭では分かっているのに、目の前にすると、なかなか寄り添うことがうまくできません。トホホ。苦しんでる娘に寄り添ってあげたいです。

-----------------------
 
*おまけ  家族会に出席したお母様の娘さん(個人セッションでやり取りのある方)からのご報告も一つのせておきます。”おかあさん、ニコニコしながら聞いててくださってて話しているこちらが癒されました”とLINEをしたら。
 
↓↓
 
多分楽しかったんだと思います。よかった。
 
それに講義やみんながあやさんに色々聞いてるのをみて、新しい発見はそこまでなく全てだいたい理解できてたそうで、それはわたしが毎日根気よくいろんな事を説明したかららしく、みんなは簡単にあやさんに聞いてるけど、娘はこの短期間で一人で良くこんなに調べて教えてくれてたんだなあって思ったって言ってくれました。
 
私の努力を認めてくれたのが嬉しかったです。
 
回ごとに雰囲気や出る質問も違うだろうから、たまたまそう思ったのか、新しい発見がないこともない気がするんですが、それはまあ本人がそう言うからしょうがないと。

母も少しずつ変わってきていると思います。
私も無理な期待はせず、自分を楽にしたい。
 
 
*ステップあや: こういう感想も普段からコミュニケーションが取れている確認ができたということですから、素直によかったなぁってうれしかったです。ただ、やはりそのときによって私の講演内容もですが、皆さんの質問も違う、というのは本当にそうです。
 
ただ、わたし会のあとに今回言うの忘れてしまったのですが、会で聞いたことをそのまま「病気とはこういうものだ」って当てはめられるのも、自分の気持ち無視されてしまってるようで嫌だと思いますし、「みんな大変そうだったよ~」っていわれると自分は大変じゃないって言われてるようなきがするので、あまりそういうことは、いわないでね、。。っていうの忘れた(汗
 
あと、私がおなじ話をしてもどう伝わるかは、そのときのその人がどう受け取るか、により違ってくるので「今日の自分はこう感じた」と捉えてください、というのも、いうの忘れた。
 
でも、もしかしたら、私が言うの忘れても、分かっておられるお母さんだと、あまり、ああだったコウだったは言わないでくださったかもしれない、とおもいます。
 
その他、”感想”以外項目でいただいた「改善点の提案」は最後に記します。
 
2)1/5の家族恋人会参加者の声

 

▼1/18 追記 -----------

 

(*摂食障害当事者でもあり家族でもある女性と旦那様Tとお二人で参加された方の感想)

一緒に参加した旦那さんは福祉関係の仕事 (精神疾患がある方の支援)をしているのですが、今回のあやさんの公演が、わたしの支援はもちろん仕事のヒントにもなったと言っていました。

 

・自分のやりたいことをやる
・「べき」「ねばならない」に縛られない生き方を示す
・対話する
などです。

わたし自身もあのあと、症状や子育てなどで本当は不安に思っていることを思い切って伝えることができました。

 

そうしたら、「それを話せるようになって良かったね。本音を言ってくれて嬉しい。話してくれたらまあが何を考えているのか分かるから、変に気を遣わなくて済む。楽な関係(持続可能な関係)を築ける」という主旨のことを言ってくれました。

 

いつもわたしは、嫌われるのがこわい→本音を言わない→不機嫌さや不安が態度ににじみ出てしまうというパターンに陥りがちでした。でも今回本音を言ったら「嬉しい」と言われたことに驚き、ああ、これが対話するってことなのかと体感しました。この体感が得られたことが、これからのコミュニケーションの自信になると思います。


今後も、失敗することもあるでしょうが、彼はもちろんと周りの人たちとちゃんと対話を重ねていこうと思えました。

長々と失礼しました(・・;)このメールも含めてブログに掲載していただいて構いません。

 

------------------------

▼1/17 メールで届いた感想追記

 

昨年12月から鬱状態が長く、何かわたし自身に出来ることはないかと参加させてもらいました。

 

 
娘はダイエットしようと思った訳でもなく自分の知らないうちに食べれなくなって、入院して、食べたら治ると思い、嫌だけど一生懸命食べたのに楽にならない。友達はどんどん進んでいってしまう。もう死んでしまいたい。という状態が続いています。
 
私はつい、こう考えてみたら?とかアドバイスしてしまいがちです。あやさんの話の中で、"話を聞くってどんな事?の所の私話へのすり替えーを私はよくするなあと気付いて、この前は泣いてる娘に何も言わず抱きつづけました。すると次から次から涙が溢れ止まることなく溢れ続けて、その後すこしスッキリしたようでした。いつもは私が慰めるつもりで話をして、それで娘の気持ちが止まってしまっていたのかなとおもいます。

色々な場所ではじめての方々にお話するのは大変だと思いますが、ありがたかったです。
身体に気をつけてお過ごしください。
 
*******
 
すごい発見、気づきがありました。
ありがとうございます。
参加して、子供の気持ちが分かった気がします。
 
********
 
非常に勉強になりました、これからもっと情報を得て生きたいと思っています。*資料の量をもう少し増やして欲しいです。
 
******
 
昨年の大宮の家族恋人会にも参加して感じたのですが、沢山の皆様の現状やお悩みを聞いて、共感したり、安心をいただけたり、今までの自分の娘への接し方や言い方についても気づきを戴きました。
 
東京の病院の家族会にも出席していますが、会の雰囲気が全然違うのに驚きました。
 
病院の家族会は「摂食障害の子供を作ったのは母親だ」というスタンスの場なので、当然ですが沈んだ表情の親たちが並んでいます。笑い声などでたことは殆どない。
 
今日は少し気持ちが楽に居られた会でした。
ありがとうございました。
 
---------------
 
あやさん、今日はお疲れさまでした。
 
以前の講演会はあやさんの講演がほぼ終わりかけで遅刻していったので、今日は実質初めてあやさんの講演を聴きました。
 
纏めて聞くあやさんのお話は、セッションとはまた違う感じ方がありました。
 
多分私は、毒親批判の本や、病院にいけば母親のせいだといわれつづけ、正直逃げ出したくなってはそんな自分を母親失格なんじゃないかと責めていました。
 
でもあやさんのお話は、親としての反省点と問題点も気づかせ下さいました。親側の気持ちにも寄り添ってくださるせいでしょうか。また参加したいと思いました。
 
************

今日はありがとうございました。当事者対象の会の○○会場でまたお世話になりますので、まとめて感想を送ります。参加できてよかったです。
 
-------------------
 
昨日は本当にありがとうございました。初めて直接お会いできて、感激しました!あやさんの生い立ちとお話をお聞きして、自分とあまりにも似ているので思わず涙ぐみました。
 
と同時に、こうなって当然だったと自分を許してあげようと思いました。休憩時間にお聞きした件でも心がらくになりました。
今後 先生とのやり取りなどまだ不安もありますがそのやり取りを回復の過程にしてゆきます
(*我慢しない、気持ちを伝える、相手の限界と傾向を知る など)
 
1/13と14の会でもまたお会いできるのを楽しみにしています
 
*注)当事者でもあり摂食障害の方のご家族でもある方でした
 
------------------
 
2/2追記 
 
改善点の提案として
 
・講演内容の質問と、個人的な質問は分けたほうが良いと思う
・質問会ではなるべく皆に通じるものが良いのではないか
 
という提案を戴きました。
 
私もきになっていたので、こちらの対策は考えてゆきます。
 
東京の当事者対象の会で
講演の後の休み時間に紙に質問を書いてもらい、休み時間に目を通す→ 多くの人に共通しそうな質問を優先したり、内容が重複する質問は纏めてお答えする
 
というやり方にしましたら、沢山の質問があがり、別に質問に見えて一緒の内容の質問を纏めて答えることができたので、その方向で次回はやってみようかなあと考えております。
 
それと、申し込み時の質問も取り入れていけるかなとおもいます。
 
あとは、今回は私の反省点ですが、
・質問は一人一回として一周回ってから二回目の質問へ
というのをルールとして皆さんに伝えわすれました。
紙に書かない場合は、事前にそうみなさんにお伝えしようと思います。
 
 
ほかにリクエストなどご意見ございましたら、>こちらのフォームからご連絡いただけましたら、次回の参考にさせていただきます。
 
できること、できないことがありますが、可能なことでしたらどんどん取り入れてより良い会にしていきたいと思います。
 
次回の美人塾の予定はLINEやメールで開催決定次第受け取ることができます。登録方法は>こちら
 
個人セッションは、大宮の対面セッションは今回の帰国では2019年2月末まで、LINEやスカイプを使った通話セッションやチャットセッションは一年中受けつけておりますが、2月末までは時差がないので夜の時間帯もセッション可能です。
 
 

みなさんの↓応援クリックが更新の励みです

>> 続きをみる

燃焼系ボディは食べて作る!摂食障害も克服!の人気記事ベスト5

>>ブロガーページ

 

このブログ記事の評価
項目 1 2 3 4 5   ポイント
笑えた
 
0pt
役に立った
 
0pt
欲しい!
 
0pt
人に勧めたい
 
0pt
驚いた
 
0pt

燃焼系ボディは食べて作る!摂食障害も克服!

「燃焼系ボディは食べて作る!摂食障害も克服!」のプロフィール

ステップあやさん

18年のダイエット依存、摂食障害を克服。栄養不足で太りやすい体質になり一時は拒食+過剰運動で60キロまで太りましたが心と体、両面からのアプローチで摂食障害克服&ダイエットも成功

無理なダイエット、嘔吐、過剰な運動を続け”拒食症のおでぶ”になった私が語る、真のダイエット法。ダイエット依存や摂食障害からの脱出はもちろん、同時に幸せと食べて太らない体の両方を手にする方法です。

>このページをお気に入りに登録!

>ブロガーページへ

>URL:http://ameblo.jp/step-aya/


▼このページのリンクバナーです。以下のソースをお使い下さい。





ページトップへ戻る

みんなの記事評価ランキング

loading...

カテゴリ

loading...