ページ内を移動するためのリンクです。

on a ダイエット!

美容に関するクチコミが満載!いつまでもキレイでいたい女性のための情報ポータルサイト「美容情報.jp」

NEW!新着記事一覧

ブログ登録はこちら

人気ブログ

loading...

新着記事

loading...

人気記事

loading...

新着ブログ

loading...

トップ > 食生活トップ > ■体の声を聞いて食べて”痩せる”の意味&体験者の声

■体の声を聞いて食べて”痩せる”の意味&体験者の声

燃焼系ボディは食べて作る!摂食障害も克服!

 ↑
初めての方はリンク集から読んでね★

 

クリックブログ村 摂食障害

クリックブログ村 過食症・過食嘔吐

クリック摂食障害ブログランキング

 
↓本文の前にお知らせ✨

▼申込受付中ラブラブ
クリック美人塾ってなあに?

▼摂食障害の方の家族と恋人対象の会
▼摂食障害と生き辛さ「当事者対象」の会 
 (ご家族*恋人の方も参加可)
 >1/13&14大阪*1/26&27東京
*その他開催情報はLINEやメールで配信中→★こちら
 
***********************
 
ステップあやです。
 
昨日の記事の最後に、このように書きました
 
ただね~、いつもいってるけどね、
食べて痩せるダイエットって、拒食や無理なダイエットで一時的に記録できた一番低い体重とか思い通りの体型になることじゃないよ。
 
 
まずね、拒食症の人は「不健康な低体重」なわけよね。
過食を伴う過食症の人と過食症の人の違いは、低体重かどうかが主な違いなんだけど、どっちにしても低体重だったらさ、
 
「体重が増えないように」
「太らないように」ってコントロールしてたらさ、いつまでも病気の体を維持するために努力してるみたいになっちゃうよ。

 

それに、体重が低いほど固執する体重も低くなるのは皆経験してると思うけどそういうものなの。

 

 
太らないように食べるってことは、飢餓状態続ける努力になるよね。
↑↑
これが、今過食がある人も、今はまだ過食がない人も、「過食衝動」をせっせと作る努力になってるんだ。それがなぜかという理由はここで説明は省くけど、私の本やブログ読みこんでる人ならわかると思います。

ダイエットって、体を健康にすることで、痩せやすい体質や食欲を作ること。
この結果は誰にとっても痩せること、じゃないはずだよ?
 
もともとの体質で太れなくて低体重の人は低体重でも健康だけど、そうでない人が無理に作る低体重は不健康。本来のダイエットとはギャグのことやってることになるのです。

脳は健康な体型まで戻そう戻そうとする。
代謝を下げたり、食欲を多めに出したりするんだよ。
 
今はなんとか低体重を維持できていても、結局、低体重を維持して太らないように食べてるならそれ自体が、「太りやすい体質やコントロールできない過食衝動を作る努力」になってしまう。
 

過食はなくてと”いつも我慢してないといけない食欲と闘っている”とかいつも食べたいものが甘いものとか、そんなへん食欲になってるとしたら、それは早いうちに「栄養とカロリーで体を満たすこと」をした方が得策です。
 
 
▼ここまでのポイント
低体重の人にとっては
太ることがダイエット。
 
 
低体重の人だけじゃなくて、人によって、数キロ体重が減っただけで飢餓の防衛反応としての過食OR/AND省エネ体質(小食で太るモード)が始まるひともいます。
 
それを治すには、ちゃんと食べるしかない。
過食がある人は過食しても食べて消化することをする。
 
脳は”また、飢餓になるかもしれない”って思ってるから、食べ始めてすぐに痩せ始めるとかあるはずはなく、もう飢餓はやってこないって安心するまで食欲信号出すけどそれも回復しようとしてる証拠だよ。
 
体重も、自分が本来落ち着く位置より高めになることがだいたいのケース。人生最大の体重を記録する人が多いというニュースがありましたが、逆にいうとそうなっても必ず痩せる時が来るってことだよね。
 
「上げ止まり」は必ずあって、そこに近づくにつれて体重増加の勢いはゆるやかになります。
 
そのあとも、食べて消化することを続けて、
〇もう飢餓は来ない
〇定期的に栄養は入ってくる
〇入ってきた食べ物は嘔吐や下剤ででていかないんだ、。。
って体に学ばせていくと、、
 
自然に過食が「したくなくなる」ときがきます。
我慢するんじゃなくてね。
逆にいうとガマンするなら過食を帳消しにする行為です。
 
過食はしかたないとして、その後の不快感も恐怖も楽にしちゃったら脳は「過食してもなんとかラクになるし~」って誤認したまま、正常モードに戻らないから。
 
 
それで食欲や代謝を健康に戻すのは、心身の声を聞くダイエットをするまでの準備段階。
 
食べたい物も食べたくないものも、はじめはわからないんだよね。おなかがすいているのかさえ、わからなくなっちゃってるんだから。
 
なので、はじめは、健康なものも、そうでないものも、平等にみて色んな食べ物と仲直りしていきます。
 
*この辺誤解してる人いるようなのですが、わざわざ不健康なものだけ食べるのが良いとか、それで治るとか痩せるとかいう話ではないです。
 
 
このブログでいう体の声を聞くダイエットで”痩せる、痩せた”といってるのはね、モデル体型になるという意味じゃないよ。
 
飢餓ダイエットで太りやすい省エネ体質や過食になってしまったり、拒食からの回復過程で、いったん自分の落ち着くべき位置より多めに増える「上げ止まり」を経験した人が、だんだんと自分にあった位置まで減ってきた、という意味ですよ。
 
 
ここ最近の記事で、洋食差別のためにチーズ過食になっていたAさんの話を書いたけど、何もそれだけでチーズ過食が止まったのではなく、その前に、ご飯とかお肉とかお魚とかと仲直りして「太っても食べる」ことをしてきて上げ止まりがいったん来た方だからあーなったの。
 
決して、拒食で痩せる必要のない体重なのに、もっと痩せようとして「体の声を聞くダイエット」やって、過食を止めよう~ってことをやってるわけではないの。

 

Aさんと初めてお会いしたのは2016年の冬の美人塾なんだけど、そのころは、拒食で死にそうになってからの反動の過食に悩んでるときだった。

 
けど、あの講演の後から、”上げ止まりまで太る時期”を覚悟して、「過食しても食べること」がんばったんだよ。
一年半位かかって上げ止まりがきて、長らく上げ止まりのまま停滞してきても拒食に戻らずがんばった。
 
ただ、いったん自然に痩せてきたら、痩せたい脳が復活しちゃって(←回復期あるあるですね)、今回また過食の相談にこられたわけ。
 
それからまた、自分なりにご飯ちゃんと食べるとかやって、落ちついてきて、それでも止まらなかったチーズ過食について相談にこられたので、その対策については ”グラタン”などと仲直りしていったら、過食がおさまったという話。
 
何も洋食食べただけでいきなり過食とまったっていう話ではなく、彼女はここまで太ること覚悟で食べてきたからなんです。
 
まだ拒食してたときの体重のときだったら、グラタンと仲直りしたからってそれで過食が止まるとかいう風にはならなかったはず。
 
健康になる=無理して減らした無理な体重が健康になるってことだから。体重だけでなく体脂肪もつくこと、なわけだから。
 
摂食障害ダイエットからの回復期に食欲が増えるのは、低体重の人もそうでないひとも、「体が健康な状態に治ろうとしているから起こる」体の回復のプロセスです。

 

コチラのSHIHOさんは吐かない過食でしたが、同じように「太ること覚悟で、無理なダイエットをやめて食べること」をしてきたよ。
 
もう痩せないかも。。って思ったころに、痩せる時が来ました。
 
 
こんにちは❔
こちらはこんばんは

>> 続きをみる

燃焼系ボディは食べて作る!摂食障害も克服!の人気記事ベスト5

>>ブロガーページ

 

このブログ記事の評価
項目 1 2 3 4 5   ポイント
笑えた
 
0pt
役に立った
 
0pt
欲しい!
 
0pt
人に勧めたい
 
0pt
驚いた
 
0pt

燃焼系ボディは食べて作る!摂食障害も克服!

「燃焼系ボディは食べて作る!摂食障害も克服!」のプロフィール

ステップあやさん

18年のダイエット依存、摂食障害を克服。栄養不足で太りやすい体質になり一時は拒食+過剰運動で60キロまで太りましたが心と体、両面からのアプローチで摂食障害克服&ダイエットも成功

無理なダイエット、嘔吐、過剰な運動を続け”拒食症のおでぶ”になった私が語る、真のダイエット法。ダイエット依存や摂食障害からの脱出はもちろん、同時に幸せと食べて太らない体の両方を手にする方法です。

>このページをお気に入りに登録!

>ブロガーページへ

>URL:http://ameblo.jp/step-aya/


▼このページのリンクバナーです。以下のソースをお使い下さい。





ページトップへ戻る

みんなの記事評価ランキング

loading...

カテゴリ

loading...