ページ内を移動するためのリンクです。

on a ダイエット!

美容に関するクチコミが満載!いつまでもキレイでいたい女性のための情報ポータルサイト「美容情報.jp」

NEW!新着記事一覧

ブログ登録はこちら

人気ブログ

loading...

新着記事

loading...

人気記事

loading...

新着ブログ

loading...

トップ > テレビ・雑誌で話題トップ > ■人と話すのが怖い””うまく話さなゃ” -8/18大宮会場自己肯定感の講座-参加者の感想

■人と話すのが怖い””うまく話さなゃ” -8/18大宮会場自己肯定感の講座-参加者の感想

燃焼系ボディは食べて作る!摂食障害も克服!

 

引き続き、先日の8/18大宮会場美人塾の感想のご紹介です。
 
摂食障害/ダイエット依存の根っこにある「人にどう思われるか、みられるか」が重大事の気持ちが、見た目ではなく「うまく話さなきゃ」と思いすぎて人と接するのが怖くなる、お悩みを当日発言してくださった方からメールでいただいた感想を記事にします。

 

 

ステップあやさん
 
8月18日の美人塾に参加させていただいた○○です。
アンケートのペンネームは さりな になっています。


以下、感想です。

今回初めて参加させていただきました。
ありがとうございました。
 
 あやさんは思っていたよりもずっと
大人の女性という感じで、少し驚きました。
 
でも、会が進むにつれて、
ブログで読んでいるような
あやさんの喋り方に気づいたり、
自由に生きている感じがしました。
 
私は病気の症状はほぼ治っていて、
食症状はストレスを感じた時に
少し食べすぎる程度です。
 
でも、他人とのコミュニケーションが上手くいかず、生きづらさなどの心の問題に悩んでいます。
 
なので、コミュニケーションについての質問をさせていただいたのですが、初めから「うまくやろう」と思わずにコミュニケーションをとるということは自分でも問題だと思っていたことでした。
 
でも、あやさんに改めて言っていただいて、私は気楽にコミュニケーションを取ろうと思いながら、気づけばいつも緊張していて、会話が終わった後も、何がダメだったんだろう、どうしたらいいんだろう、あの時こうしておけば、といつもいつも「考えて」ばかりいたということに気づきました。
 
会話が上手くできない自分はダメ、
上手くやらなきゃダメ、と
自分にバツをつけていたんだと思います。
 
でも、「ダメな自分でも大丈夫」という感覚、自己肯定感を作るためには、あれこれ考えるよりも、上手く会話できない自分でいて、それを認めてもらう経験が必要なのだなと思いました。
 
今までは、「いや、そのままの自分って言っても、基本的な会話ができなきゃ話せないじゃん」と思っていたのですが、話せない自分のままやってみるということも、自己肯定感を作る上で大切なのだと思いました。
 
また、点でなく全体を見るということも印象に残りました。
 
人と会話できない、頑張りたい、でも頑張れない、うまくできない、というループに入っていたので、「人との会話が弾むかどうか」という点ではなく、「人との会話が弾んで自分がどう感じるのか」ということが大事なのかなと思いました。
 
人との会話を楽しいと思う「感覚」を重視した方がいいような気がします。

今回初めて美人塾に参加させていただいたのですが、他の参加者の皆さんの悩みを聞かせてもらったのはとてもいい経験になりました。
 
私は、摂食障害になる人は自己肯定感が低くて、自信のない人ばかりだと思っていて、みんなおとなしい人のイメージがありました。
 
でも、実際はそれはすごい偏見で、もし私の近くにいたら絶対に摂食障害と思わないような、自信がありそうにみえる人もいて驚きでした。
 
自分と同じような悩みを持った人もいるけれど、そうでない人の方がずっと多くて、摂食障害といっても、人それぞれ悩んでいるところは違うのだなあと思いました。
 
 
症状や生きづらさの原因は
人それぞれなのだから、
「これをすれば治る」という
 絶対的な答えがあるわけじゃない、
ということにも納得しました。
 
自分の特性や性格、なぜ、どんなときに
ストレスが溜まるのかということは、
自分にしか分からないのだから、
「自分を知る」ことが必要なのだと改めて感じました。
 
 全体を通して感じたのは、
私はとにかく経験を積む必要がある
ということです。
 
コミュニケーションも自己肯定感も、
他人から認めてもらうことも必要で、
 
そのためには
「人と話すのが怖い」という点でなく、
人と話した後のメリット、
「人と話せば楽しいことも学ぶことも多い」
というように、全体を見ることが大切だと思いました。
 
そうしなければ、私は
”怖さ”ばかりを見てしまいます。
 
 私はコミュニケーションだけでなく、
他のことでも怖がりで、
実行に移すのに時間がかかります。
 
実は今までも対人関係のことで
色々な人に相談して、散々
「まずやってみる」というようなことを
言われていたのですが
なかなか行動に移せませんでした。
 
でも今回の美人塾で、改めて、
自己肯定感を育てるには経験が必要と
分かったので、自分のために、
思考錯誤していきたいと思いました。
 
実際にあやさんの経験や、言葉を聞くことができて本当に良かったです。
 
少しずつ良くなれるよう、
顔晴っていきたいと思います。
今回は本当にありがとうございました。
 
今はまだ、正直あやさんの言葉も
”頭”で理解してばかりで、
腑に落ちないこともたくさんあります。
 
でも、そういうことかと
自分で体験できるように、
少しずつ経験値を増やしていきたいと思います。
 
 
----------
 
 
と、メールを戴いて、おや?と思ったと箇所があったので、少し返信しました。
 
以下ステップあやのメールです。
 
 
 
さりなさん 
 
丁寧な感想をありがとう!
以下気づいたことを少し。
 
 
私、大人だった?
もう二度目の成人式プラス4歳、大
人x2倍の年齢ですから 笑 

「 うまく話そうとしない」って
当日私がいったことだけど、
 

いつも後悔したり反省したり

ばかりになるのって、

うまく話すのがいいこと、
うまく話せないのは駄目なことって前提で
やってるからじゃないかな、と思ったのね。

そこの前提を変えてやってみるという意味で
 
(ちょっと時間かかるかもしれないけど)
 
○「あえて」うまく話そうとしない。
 
○黙ってそこにいる練習してみる
 
○相手に会話のリードを
 任せるつもりでそこにいてみる。
 
○人を喜ばせようと話すんじゃなくて、
 自分の興味があることを話す、
 自分が聞きたいことだけ聞いてみる、
(私ドライアイで目が乾くんです、
 いい目薬ないかな~ 
 いいマッサージ店とかしってる?・・・とか、
 本当に自分が話したいことでよい)
 
・・とかなのね。

「うまく話せるのが良いこと」という
前提をそのままにその証拠集めしてたら、
やっぱり、反省ばかりになると思うし
 
(相手のタイプやその時の相手の状態によっても相手がどう感じるかは違うから、絶対喜ばれる話題も話し方も読めるはずなんてないはずなのに)
 
相手によい反応してもらうことを
軸にして人との会話に望んでいたら
それはさ、、
怖くて話せなくなるのも無理ないと思うから。
 
なので、、
 
別に、うまく話さなくていいのかも?
っていう前提で、やっぱり!!って
証拠集めをしていくと、少しずつ何か
楽になっていけるかもね。
 

こっちが話さなくても、
一方的にわーっと話すのが
好きな人もいるんだな~とかさ、
 
面白がらせるのが好きな人に
喜ばせてもらってれば、
それを喜んでくれる人もいるんだなとか
 
そういう楽に感じる
証拠のほうがみえてくるかも~。
 
本当に、さりなさんがイメージしてる
”うまく話す人”ばかりが
誰にとってもビンゴなわけじゃなくて
色んな人がいるはずだから。
 
私もね、「うまく話そう」としてたら
文字通り一言も話せなくなっちゃった
ときがあったんだけど
 
> 別に”うまく”なくていいし
> 話したくなかったら話さなくていいし
>人が喜ぶ話じゃなくて、私が喜ぶ話を
 してればよいし笑
 
と思っていたらだんだんと、
自分が話したいことを、
楽しく話せるようになりました。
 
↑私が興味あることについて話してるだけでも、まわりも興味もってくれるようになったり、自分の興味について話してくれたり、って言うこともあると知りました。
 
 相手のことを知らないときは
 どこ住んでるとか、兄弟いるのとか、
 その人について「??」と思ったことを
そのまま聞いてみるし
 
 興味がなければ黙って
向こうのリードに任せてるときもありますが。
勝手に喜んでる人もいて
私もそれ聞いてまた笑ってる。。
・・てなることもあったりします笑
 
そんなふうに
「うまく話せなくていい」前提でやってたら、
だんだんと、
 
別に人を楽しませようと
しなくても大丈夫みたい?? 
 
逆に楽しませてもらってれば大丈夫みたい??
 
とか思えるようになってきて
安心して人と会えるようになりました。
 
 
・・・・ってとこまでは
美人塾の当日はいわなかったけど、
そんなことも含めての
「うまく話そうとするのをやめた」なのでした。

 本当にネ、世の中、
うまく話してほしいとか
思ってる人ばかりじゃないから、
うまく話そうとしなくて大丈夫だよ~。
 
---


あやさん、お返事ありがとうございます。

 

会でのあの言葉には

 

もっともっと深い意味があったんですね。

うまく話すのが良いこと、
という前提で会話をするのは、
全くその通りでした。
 
絶対にそうでないければならない、
そうでなければ友人はできない、
と信じていました。

確かに、私の周りにも、
わーっと喋る人、
私の話をうんうんと聞いてくれる人など、
色々います。
 
そういう関係ならば、
相手がそれを好きなら、
それでいいんですね…。
 
なんだか、ハッとしたような気分です。
 
私も、相手が
私のバーっと一気に言った話を
ただ面白がって聞いてくれたら
嬉しいなあと思ったら、
じゃあ私もそれでいいんじゃない?
と思えてきました。
 
わーっと喋るのがが好きな人には、
ただ聞いていればいい。
聞いてくれる人には、話せばいい。
 
それだけのことなのに、
私はずっと、何か喋らなきゃ、
うまく返さなきゃって、
そればっかり考えていました。
 
でも、そうじゃなくていいんですね。
 
あやさんに言っていただいて、
やっと気付きました。
ありがとうございます。

また、
あやさんが挙げてくださった
例のなかで、
「人を喜ばせようとするんじゃなくて、
 自分の興味があることを話す」
ということには特に驚きました。
 
正直、それでいいの!?と思ってしまいました。
 
私はずっと、私の話は
つまらないから話さない方がいいんだと
思ってきたので
自分の話は避けていたので…。
 
でも、それも暗示かもしれないですね。
私が勝手に思い込んでいたことかもしれないです。

あやさんにも話せなくなってしまったことがあるというのは驚きでした。
 
でも、あやさんの体験を知って、
少しづつ証拠集めをしていけば
大丈夫かなと安心しました。
ありがとうございます。
 
私も、
そのままいていいいという証拠集めを、
まだ怖いけれどやっていきます!

最後に、私は自分で
全体を見れている気になっていたのですが、
前提に問題があったりと、
根本的なところを見れていないことも
あると分かりました。
 
 
自分では
当たり前すぎて気づかない思い込み
もあるんだなと思いました。
 
こういう思い込みに、
もっと気づけるようになりたいです。

メールの内容は、載せていただいて全く構いません。
むしろ、もしかしたら私のように
思っている人の役にたつかもしれないので、
参考になりそうでしたら載せていただきたいです。
 
 
-------------------
 
そうなの。
 
はるか遠い昔になっちゃったけど
私『一言も話せなくなった』時があったんだった。
 
人が怖くてお天気の話すら、できなくなった時代があった。
 
色んな人に気づかせてもらいながら
上に書いたようなことやってきて
今も話をすることも「自分のしたい・
したくない」を軸に人と接してるんだけど
 
だいぶ”それでいい”を経験したので
もう、それでよいものとして
染み付いているんだけど

 

最近そんな自分勝手なコミュニケーションで生きてきて

 

よかったなって、すごく温かい気持ちになることが最近ありました。
 
どんなことか。
 
私は日本にかえってきて昔いってたジムにいくのですが、久々にあうオバちゃんたちに(私もオバちゃんだけどもっとおばちゃん^^)、特に話すことも聞きたいこともないので。
 
私が誰かに聞きたいことがあれば
それを聞いて
私が聞いてほしかったこと
誰かの意見がほしかったことがあれば

それをただ、話していたのね。

 
それで、前回の帰国中、
今年2月ごろ、父ががん宣告と
余命4-6ヶ月宣告を受けて落ちてたから、
そのころは、それを話していて。
 
それから病院を変えて、
治療が出来ることになったことも
翌週、会ったときに聞かれて話してた。
 
それから
抗がん剤治療や放射線治療の不安。
 
そしたら、みんな・・じゃないけど
自分の身内やお友だちの体験を
話してくれる人がいてね。
 
今は昔と違うから大丈夫だよ、とか
こうしたらよかったよ、とか情報くれたり
あやちゃん大丈夫?とか私を気遣ってくれたり。
 
それで、今回帰ってきても
病院変えて治療がでることになったよ
治療の成果でてきて、今元気だよ、
とか。
 
全く相手に関係ない、
私の父のことや
私の気持ちのことなのに
本当にわ~~!よかったね~!!!って
喜んでくれるひとが、一杯いた。
 
 
お互い連絡先もしらない
顔見知り程度の関係っで、
相手は何気ない会話してるだけなのかもしれないけど。
 
すごくほっとして、温かく感じて、
ありがたいなあって気持ちが溢れてきて、、
そう人に感じてることがまた嬉しくて。
 
今思い出しても泣きそうになっちゃうくらい温かかった。
 
 
 
それ以外にも
私が好きなもの、コトの話を
面白そうにしてるだけでも
面白そうに聞いてくれてる人も一杯いたよ。
 
 
昔、自分のことより
人がどう思うか、どう思われるか
そればっかり気にしてるときは
 
こういう安らぎも感謝の気持ちも
構えないで人と接っせる安心も
人とのかかわりの中で感じたことがなかったんだ。
 
比較的うまく「相手の機嫌を損ねない」話し方ができていて「社交的」を演じてたときも、なんかいつも、相手にどう思われたかきになってしんどかった。
 
 
今の私のやり方は
巷の”コミュニケーション術”とかでいうと
自分より相手、なのかもしれない。
 
そういう意味で”うまく話す”ことは
私も今でも全然できないけど、
私はこのやり方で
すごく楽に温かく毎日を
生きられるようになったので
同じようななかたのヒントになればいいなと思って記事にしました。
 
美人塾とか講演とかやってるけど
私、話は全然うまくないんだ。
 
よくつかえるし、
言葉を忘れちゃって
出てこないとき多々あるし
 
この前の19日の美人塾では
紙の「下方」っていいたかったのに
どーしても出てこなくて
「下半身」とかいっちゃったし 汗
 
 
でも 同じ様な話してても
しーんとした会のときもあれば
げらげら笑ってる会もあって
人の反応ってほんとうに色々です。
 
 
最後に。
さりなさん、メールありがとうね!
 
ほかにも戴いていますが全て、記事にできなくてごめんなさい。
 
大宮会場18日の会の感想はこれでおわりにしようとおもったけどインスタに貰ってた感想、載せるの忘れていたかも(’汗
 
大宮19日の食の講座のほうも折をみて感想UPします。

 

明日札幌にたつので、

 

9/1の札幌会場終わってから、まとめて。。になるかもしれません。
 
 
皆さんの↓一日回ぽち↓が励みです

>> 続きをみる

燃焼系ボディは食べて作る!摂食障害も克服!の人気記事ベスト5

>>ブロガーページ

 

このブログ記事の評価
項目 1 2 3 4 5   ポイント
笑えた
 
0pt
役に立った
 
0pt
欲しい!
 
0pt
人に勧めたい
 
0pt
驚いた
 
0pt

燃焼系ボディは食べて作る!摂食障害も克服!

「燃焼系ボディは食べて作る!摂食障害も克服!」のプロフィール

ステップあやさん

18年のダイエット依存、摂食障害を克服。栄養不足で太りやすい体質になり一時は拒食+過剰運動で60キロまで太りましたが心と体、両面からのアプローチで摂食障害克服&ダイエットも成功

無理なダイエット、嘔吐、過剰な運動を続け”拒食症のおでぶ”になった私が語る、真のダイエット法。ダイエット依存や摂食障害からの脱出はもちろん、同時に幸せと食べて太らない体の両方を手にする方法です。

>このページをお気に入りに登録!

>ブロガーページへ

>URL:http://ameblo.jp/step-aya/


▼このページのリンクバナーです。以下のソースをお使い下さい。





ページトップへ戻る

みんなの記事評価ランキング

loading...

カテゴリ

loading...