ページ内を移動するためのリンクです。

on a ダイエット!

美容に関するクチコミが満載!いつまでもキレイでいたい女性のための情報ポータルサイト「美容情報.jp」

NEW!新着記事一覧

ブログ登録はこちら

人気ブログ

loading...

新着記事

loading...

人気記事

loading...

新着ブログ

loading...

トップ > 食生活トップ > ■20キロ台→50キロ代に回復。痩せたかった理由

■20キロ台→50キロ代に回復。痩せたかった理由

燃焼系ボディは食べて作る!摂食障害も克服!

 
 
外出先からの更新なので短くいきます。
 
まずメールフォームからのメッセージのご紹介です。体重表記ありの記事ですので読むかどうかは各自ご自身と相談して決めてくださいますようお願いします。
 
 
こんにちは。拒食になり六年目になります。
食べることを止め、減る体重に快感を覚えて気付いたら20キロまで落ちました。
入院も数回しましたが、その場かぎりの回復で退院しても、しばらくしたら体重は元通りに。
自分でも抜け出したいと思いつつ変えられない変わらない日々に諦めていた最中、あやさんのブログを知りました。
そこで何故食べることを拒否するのか、自分はどうなりたいのか改めて考えました。
自分は辛いことを誰かに分かって欲しかったんです。もとから口に出して弱音を言えない私は痩せることで周りの助けを求めていたのかもしれません。
もちろん、昔から決して細くはない身体にコンプレックスはありました。
太ってはいなかったものの雑誌やテレビ、街中でスタイルのいい人を見ると羨ましかったです。
吐くことが出来なかったので、常に拒食の状態。
身体も見るに耐えない状態で、遂に床から立ち上げれなくなりました。
辛かったです。
本当に抜け出したいと思い、あやさんのお米は敵じゃないとの言葉を信じ、藁にもすがる思いで本当に一口サイズのお米を食べました。
怖くて怖くて仕方なくて、でも食べれた喜びもありました。
そこから少しずつ、あやさんのアドバイスを参考にたんぱく質なども食べれるようになり、一年ちょっとで20キロだった体重が50キロまで増えました。
体重計は捨てたので、婦人科(生理がきてなかったので)で久しぶりに測定しました。
ショックだったけど、その頃にはちゃんと食べていたし納得、諦めました。
それより一人で夜中に隠れて食べていた時に戻る方が嫌でした。
今は家族で外食もします。
今日は父の誕生日なので焼き肉予約しました。思いっきり楽しみます。
回復期のように手当たり次第食べる心配も今はないので心地よいくらいの感覚で食べます。
最初の頃は何を食べたらいいかも分からなかったのに嘘みたいです。
もともと、47キロくらいだったので本当はそれくらいまで痩せたいけど、
無理なく食べて普通に過ごしている時の体重がその人の適正なんだと思います。
今は仕事するくらい体力もつきました。資格取得に向けて勉強もして
本当に全てがあの頃には想像もしていなかったことだらけ。また人間らしく生きれる日が来るなんて。
あや当にありがとうございます。
まだまだ食べ物が怖い気持ちはあるけど、それでも食べれているし毎日毎食していたカロリー計算も止めれました。
これからも、生きること頑張ります。
ペンネーム らん
 
ステップあやです!
 
なんか…感動。
私は体質的にすぐ省エネ体質になるほう
(食べなくても太れたので
生命力が強いんだと思います)だったので
 
20キロ台になったことは
拒食症のときも過食嘔吐のときもふくめて
体験したことが、ないので、
わかるなんていえないけれど
 
 
低体重のときほど
僅かな体重増加であっても
まだまだ痩せているとしても
 
とにかく体重がわずかでも増えることが
嫌だとか惨めだとかじゃなくて
 
恐ろしい
 
という感覚が、倍増するのは
私も、経験しているので…
 
想像することしかできないけど
本当に恐ろしかったと思います。
 
よく、頑張りました。
 
痩せていたかった理由、
ご自身で考えてくださった部分は
私も、凄く共感しましたが
体重関係なく、同じようなかたは
読者の方にいらっしゃると思います。
 
 
この部分。
↓↓
 
自分は辛いことを誰かに分かって欲しかったんです。もとから口に出して弱音を言えない私は痩せることで周りの助けを求めていたのかもしれません。
 
 これに、気づけてよかったね。
 
回復期も、なんか周囲とすれ違いがあると
 
拒食でも過食嘔吐でも
痩せた体でも
摂食障害の症状で、
 
気づいて!って
無意識に訴えたくなったり
実際にやってしまうこと
 
私も、あったけど
今接している皆さんからもよく聞くよ。
 
 
 
 
誰にでも、なんでもかんでも言えって
話ではなくて
 
言わないでいるといつもあうたび
自分がなにか我慢してることになるとき。
 
もやっとするたび全部
コミュニケーションたってたら
ほんとに私は友達もいなくなり
家族もなんもわかってくれない
嫌いなひとになり
 
だれといても心は孤独で
誰にも頼れない人生
誰といても暖かさを感じられない人生
になっていました。
 
したくないことは、したくないといい
嫌なことは嫌だといい
手伝ってほしいときは助けを求め
その人にできるときできる助けを貰い…
 
楽に生きられる生き方があるなんて
病気をきっかけに
自分の生きづらい心とむきあうまで
まったくしらないままだったのです。
 
人に気持ちつたえるて
みんなが思い通りになるわけじゃないけど
思い通りではなくても
そのひとなりの気持ち、協力が
あることを知りました。
 
我慢ばかりではなく
関係そのものを続けていける相手なのか
見極めることもできるようになりました。
 
つまりは、
コミュニケーション続けてみて
平和に別れることを選ぶこともある←
ということなのですが
 
それすら、
自分の言葉で伝え相手の気持ちも聞く、
ということをしないで
 
我慢して耐えるか
自分を繕ったり演じることで
その場を平和にやり過ごすか
 
限界かんじたら
一方的に関係を断ち切って
勝手にひとりになるか
 
しかなかった人生より、明らかに
あったかい感じを感じられるようになりました。
 
らんさんも、
そこに気づけてこれからは
 
症状で訴えなくても
症状で、やりたくないことできない理由を
納得してもらわなくても
 
 
したくないことは、しないでよいこと
楽しくいきてれば辛い思いしなくても
ジブンにとって自然に顔晴れる(がんばれる)
ことは見えてくること
 
ビョーキじゃなくても
嫌なことは嫌といっていいし
 
ビョーキじゃなくても
苦しんでないとできないことは
できないというか、やらない、でいいし
手伝って、助けてもらっていいし
 
どーしたらいいかわからないことは
誰かと一緒に考えてもらって
 
 
自然に自分のことを
困ったときは
(思い通りの助け方でなくても)
助けてもらえる存在であること、
 
そのときは喧嘩になっても怒られても
それでも大好き✨て感じられる相手、
それでも愛されてることを疑わない相手、
そんな感じもわかるようになると
 
ただ、ただ、
人の、顔色うかがってないと感じられない
つかの間の安心なんかより、
生きていくことが温かくなると思います。
 
どーしたって今の世の中、
一人で生きてはいけないからね。
洞窟でひとりで生活しているならともかくですが

>> 続きをみる

燃焼系ボディは食べて作る!摂食障害も克服!の人気記事ベスト5

>>ブロガーページ

 

このブログ記事の評価
項目 1 2 3 4 5   ポイント
笑えた
 
0pt
役に立った
 
0pt
欲しい!
 
0pt
人に勧めたい
 
0pt
驚いた
 
0pt

燃焼系ボディは食べて作る!摂食障害も克服!

「燃焼系ボディは食べて作る!摂食障害も克服!」のプロフィール

ステップあやさん

18年のダイエット依存、摂食障害を克服。栄養不足で太りやすい体質になり一時は拒食+過剰運動で60キロまで太りましたが心と体、両面からのアプローチで摂食障害克服&ダイエットも成功

無理なダイエット、嘔吐、過剰な運動を続け”拒食症のおでぶ”になった私が語る、真のダイエット法。ダイエット依存や摂食障害からの脱出はもちろん、同時に幸せと食べて太らない体の両方を手にする方法です。

>このページをお気に入りに登録!

>ブロガーページへ

>URL:http://ameblo.jp/step-aya/


▼このページのリンクバナーです。以下のソースをお使い下さい。





ページトップへ戻る

みんなの記事評価ランキング

loading...

カテゴリ

loading...