ページ内を移動するためのリンクです。

on a ダイエット!

美容に関するクチコミが満載!いつまでもキレイでいたい女性のための情報ポータルサイト「美容情報.jp」

NEW!新着記事一覧

ブログ登録はこちら

人気ブログ

loading...

新着記事

loading...

人気記事

loading...

新着ブログ

loading...

トップ > 食生活トップ > ■摂食障害と親--お盆に帰省したらコレだよ…w

■摂食障害と親--お盆に帰省したらコレだよ…w

燃焼系ボディは食べて作る!摂食障害も克服!

 
↑初めての方はリンク集から読んでね★
 
 

クリックブログ村 摂食障害

クリックブログ村 過食症・過食嘔吐

クリック摂食障害ブログランキング

 

 

 

こんにちは。ステップあやですニコ


前の記事に書きましたが8/18&19美人塾参加される方は、「午前の部」受付開始時間を少し早めて「開始時刻の15分前から」に変更しましたので宜しくお願いします。

 

さて、ここから今日の記事。

 

もうさ~、日本のお盆に帰国してることが

ここ数年は多いかったけど、

「もう、お盆に帰るの止めようかな」って

思う出来事がありましてwww。

 

同時に、昔なら心臓が漠々して萎縮していた

そういう家の出来事に対し

そんなに心が動揺することがなくて

「まじ、メンドくせえ」って思う程度になってること、

色んな対処法を覚える自分の変化に気がつきました。

 

 

何があったかって、

我が家にお線香をあげに

親戚が集まって着たんだけど、

 

そこでくそジジィ大人たちの喧嘩が始まり

わがの怒鳴り声が数時間にわたり

繰り広げられるという、恒例の・・・汗汗

 

前触れもなく、突然誰かの言葉で
怒りのスイッチが入り、こーなるのは

私が幼い頃からこうだった。

 

母が生きているときは、

横で母が泣き始めて、、という光景。

 

酷いときは、

それでお皿が割れたりしてたよね・・

 

って言っても父本人は

「俺がそんなことやるはずねえ」って

絶対に認めないっていうか

本人は覚えてもないみたいだからもう言わないけど。

 

 
今回は、親戚のおばさん(父の姉)の一言で
怒りのスイッチ入って、
父の怒鳴り声がすごかった。
 
お姉さんが帰ったあとは

「アイツ女の癖に短気なんだ」とか言ってるけど

いやいや、あなたが一番すごかったよ?

ってかんじなんですけどね。

 

 

小さい頃は、早口で何言ってるか分からないし

突然これが始まるし、

お母さんがかわいそう(泣)なんて言おうもんなら

ガキは黙ってろ!!!

誰のおかげで飯食えると思ってんだ!

出て行け!!!!!!!

 

って始まるので、もう、

怖くて怖くて、たまらんかったんだわ。

 

 

父には、私が摂食障害を治す過程で助けて貰ったし

(何も言わず見守ってくれた)

自分軸で生きて大丈夫だのメッセージも沢山貰ったし

自分軸で生きることのサンプルも沢山みせて貰ったし

すっごく感謝はしているのだけど

 

でも同時に私が

「摂食障害(体型/体重コントロールへの依存)

する病気やその他のあらゆる依存、

(たとえば男に依存、仕事に依存、

 成績に依存、 買い物に依存)に突き進む

大きなエネルギーになった

自己肯定感の低さという生き辛さが

形成されるにいたった背景の一つでもあったと思います。

 

だって、

小さい頃からあんな環境だったから

おっソロしくて子供らしく自由に自己表現して

(好きなことを好き、

 したいことはしたいといって、

 嫌なことはいやと言う、、など) が

出来なくなっちゃったんだよ。

 

自分の気持ちや考えをのびのび表現して

それでいいと認められることも経験できず

相手の意見と違っても

自分の気持ちややり方として尊重されるということも

体験できないまま思春期を向かえました。
 
どういうことかっていうと
自分は自分の思うように
生きていて大丈夫なんだ
って安心感みたいな気持ちが、全くわからなかったの。
 
自分の意見と違っていいこともわからない
自分の気持ちをどう言葉で表現できるのかもわからない
 
すぐ 怒鳴る人(父)
怒鳴られないように振舞う人 (母)
 
このサンプルしか、見てこなかったから
コミュニケーションとりながら
問題解決していけるなんて知らなかった。
 
他人=自分に評価を下す存在だ とか普通に思ってたとおもう。
 
 
そんな自分でも小中学生までは
なんとか、人の顔色、評価のために
自分を変える、演じる、努力でたまたまうまくいってた。
 
高校生になって、自分の努力では
どうにもならなくなってきた成績、
恋愛のあれこれ、、、などがでてきて、
 
そんなときに
いつも一緒にいる友達がすごく細くて
いつも私の隣の友だちが「いいな」って言われてて
そのたびに「お前は違うけどねW」って
言われてる気もして、自分が大嫌いになってて。
 
そんなとき、なんとなく始めたダイエットに成功。
 
「いいなあ」「どうやってやせたの?」って
ただ、やせただけで皆が言うようになって
めっちゃ快感、自信がついたきがして、
やせただけで自分の価値が上がった気がして
超絶な快感(達成感と高揚感と安堵感)を感じた。
 
でもそのあとすぐさま、
その快感は太ったら消えてなくなってしまう恐怖が襲ってきた。
 
どんな手段を使っても、太りたくない、というか
太るのがこわくなった。
 
***
 
ってわけなんだけど、
もちろん父親だけのせいじゃないです。
 
私の遺伝子で決まった要素(性格や障害)もあったし
 
「楽しさより正しさ」を求めて振舞うのを
よしとする生き方や教育も影響していたし
 
家だけじゃなくて
学校で体験したり見聞きした数々の出来事も
影響していたし
 
苦しんで頑張ることややせることをよしとする風潮や、
人のために自己を犠牲にすることを
いいこととする社会の風潮も影響していたし
 
ぜーんぶ色んなことが絡み合って
自分の思うことを言葉で表現できない私と
自分の思うように生きてて良いはずない、
と思う私になったの。
 
皆さんには皆さんの色んな事情があるはずで
こーいう親だから病気になるんだとか
そんな簡単な話でもないんです。
 
*この辺はあさって大宮会場の8/18土曜のほうと、札幌は午後の部のほうでお話します。
 
 
このお盆では
病気になった一つのきっかけと
同じような場面が再現されたけど
私が変わったんだなあおもいました。
 
何がかわったかって
 
「怒鳴るのは、父のコミュニケーションの形で
 楽しくはないけど恐ろしいことじゃない」
と安心していられたことと
 
「別に私はそれをどうにもしなくていい。
 (父をなだめなくていいし
 止めようとかしなくていいし
 怒鳴りあってる叔母さんのこともどうにかしなくていい」
と安心していられたこと。
 

もし今回これで二人の仲が悪くなっても

それ全然私の問題じゃないよなw
とかも思っていました。
 
冷たいかもしれないけどそれをどうにかしてあげるのが
温かい人間というのなら、
冷たい人間でいいです。
 
と思っていたら
すっごい怒鳴り声とびかってても
私の心は「穏やか」でしたww
 
昔のように
怖くて何もいえないとかでもなくて
どーにかなる、って安心している自分に
いつの間にかかわったな・・とか考えていました。
 

昔はこの怒鳴り声と
ドアのバターンってすごい音が
めちゃくちゃ怖くて
偶然少しそんな音を聞いただけでも
すごく心が凍りついて心臓がばくばく
してしまうほどのトラウマになってたのになあって。
 
 
でもそんな話は、怖くはなくても
聞いてて面白くはないので、
まじめに聞くのはやめて
その辺にあった新聞広告を見てすごし、
それに飽きたらトイレに行って
それきり席に戻らず自分の部屋にいきましたW
 
 
で、やっぱり今度からお盆に帰るのは
メンドクサイからやめよかな?とか
ふつうに考えてる自分も喜ばしく思っていましたww
 
 
なんか昔は
家族なんだから仲良くしなきゃとか
お盆なんだから正月なんだから帰らなきゃとか
 
~しなきゃ ~しなければ ~すべき
ってそんな考え(常識/ふつう)を
自分に押し付けては
その考えと違う自分に罪悪感だったり
うまくいかない悲しい私・・とか
悲劇のヒロインになっていたけれど。
 
もう、どうでもいいです。
もう、ふつうじゃなくてけっこう。
私は、私が好きか嫌いか、したいかしたくないか、
それだけで生きていきます。
 
 
↑↑これを教えてくれたのは、
本当に自分の考え一つで生きてる
父だったりもするので、
病気のきっかけにもなったひとだけど
「助けてもらった」と本当に思っています。
 
 
兄弟とも色んなことがあるけどね。
 
別に修復したいと思わないので
「ふたりしかいない兄弟なんだから」とかいう
常識も自分に押し付けるのやめました。
人にいわれることもあるけど、
私がその考えを採用するのをやめました。
 
 
それはそうと、昨日の夜、長瀞のお祭り見に行ってきたよ。
 
灯篭流しを見たかったのだけど
時間間違えて到着したら終わってて、
(↑私にとってはいつものことで)
自分にこのときばかりはがっかりしましたが
素敵な花火が見れました。
 

 
人のご機嫌取ってる暇があったら
自分のご機嫌とってあげようラブラブラブラブ 
 
これもいつも書いてるけど、実行してきましたキラキラ 
 
ポチっとな一日一回、皆さんのバナー応援クリックが励みです。  
皆さんの↓一日回ぽち↓が励みです

>> 続きをみる

燃焼系ボディは食べて作る!摂食障害も克服!の人気記事ベスト5

>>ブロガーページ

 

このブログ記事の評価
項目 1 2 3 4 5   ポイント
笑えた
 
0pt
役に立った
 
0pt
欲しい!
 
0pt
人に勧めたい
 
0pt
驚いた
 
0pt

燃焼系ボディは食べて作る!摂食障害も克服!

「燃焼系ボディは食べて作る!摂食障害も克服!」のプロフィール

ステップあやさん

18年のダイエット依存、摂食障害を克服。栄養不足で太りやすい体質になり一時は拒食+過剰運動で60キロまで太りましたが心と体、両面からのアプローチで摂食障害克服&ダイエットも成功

無理なダイエット、嘔吐、過剰な運動を続け”拒食症のおでぶ”になった私が語る、真のダイエット法。ダイエット依存や摂食障害からの脱出はもちろん、同時に幸せと食べて太らない体の両方を手にする方法です。

>このページをお気に入りに登録!

>ブロガーページへ

>URL:http://ameblo.jp/step-aya/


▼このページのリンクバナーです。以下のソースをお使い下さい。





ページトップへ戻る

みんなの記事評価ランキング

loading...

カテゴリ

loading...