ページ内を移動するためのリンクです。

on a ダイエット!

美容に関するクチコミが満載!いつまでもキレイでいたい女性のための情報ポータルサイト「美容情報.jp」

NEW!新着記事一覧

ブログ登録はこちら

人気ブログ

loading...

新着記事

loading...

人気記事

loading...

新着ブログ

loading...

トップ > 食生活トップ > ■健康的に食べてるつもりが「体は拒食と思ってる」-その2

■健康的に食べてるつもりが「体は拒食と思ってる」-その2

燃焼系ボディは食べて作る!摂食障害も克服!

 
↑初めての方はリンク集から読んでね★
 
 

クリックブログ村 摂食障害

クリックブログ村 過食症・過食嘔吐

クリック摂食障害ブログランキング

 

 

 

こんにちは。ステップあやですニコ

二つ前の

>その1)ご飯もりもり食べる隠れ摂食障害-”健康的なダイエット”してるだけ?

の続きです。

 

相談者のはるひなさんは「健康的な食べ物以外は食べられないオルトレキシア」というタイプの摂食障害です、とおっしゃっていますが。

 

うん、そうかもしれないんだけどね、

それだけじゃないかもしれない。

 

■体の飢餓状態の心身の症状
■心の飢餓状態の心身の症状
■治りたい気持ちと痩せたい気持ちとの葛藤について

と書きていきますがまず一つ目。

 

■健康的に食べてるつもりが
 「体にとっては拒食=飢餓状態」
 

はるひなさんは気づいているかもしれないけど

 

自分的には(かき集めてきた情報を

「絶対的に正しい」とした場合

健康的に食べてるつもりかもしれませんし

 

食べるときは

人がびっくりするほど

沢山たべるとかかれてますが

 
はるひなさんの
”体”はその食べ方を

拒食(半飢餓)と思ってるんじゃないかと思う。

 

だってね、
その食べ物だけでは栄養足りないから
しかも、1日一食じゃ足りないから

 

まず自分の体を生かすより

ワンランク上の生殖機能=生理を止めてるんだ。

 

あなたの脳が

必死に体をあなたがしている
あなたの体にとっての飢餓ダイエットから
身を守ろうとしてくれてる証拠だよ。
 
だってね
一日一食も
小麦製品や乳製品食べないほがいい、も
それが合う人にとっては
正しい 健康的 なのかもしれないけど
 
自分に合わないからこうして
体が色んな声(体調、食欲の不調)で
訴えてくれてるんだよね。。。。、
 
食欲にしてもさ
”今のところは” 
我慢しようと思えば今はできてるけど
出来ないときも増えてきているのは
普段の食事が足りないから、だと思う。
 
 
誰かがいってた
小食ルール
一日一食ルール
それも、それが合う人にとっては良いというだけのこと。
同じ人でも、あっていた食べ方や食べものが合わなくなれば、体調や食欲の不調で知らせてくれるようになっています。
 
 
なのに、自分の食欲より
誰かが正しいといった他者の情報を
体におしつけていたらさ、、
 
そりゃ、どんどん体は
体の声を大きくして
もっと食べてほしい、
食べていい悪いって決めないでほしい
って訴えるようになるから
段々食べる量も増えるし
段々我慢もできなくなってくるんだよね。。
 
 
コントロールできないほどの”過食”は
今のところはなくても、それって
 
逆にいうとガマンしてないといけないほどの
食欲が出てきている、ということ。
 
そういう意味で
食欲のカラクリは
拒食症や過食症のひとの
”体の過食”と同じだと思います。

 

 

そして、もうひとつ、

はるひなさんの体は

知らぬ間に陥った飢餓ダイエットから

身を守ろうともう一つ、サインを出しています。

 

それは、ご本人が書かれていたように

 

脳が飢餓と判断した今の食生活から

身を守るために

少ない食べもので

生きていけるように

 

できるだけエネルギーを

使わない”省エネ体質”にして

身を守ろうとしている、ということ。

 

これ私も本に書いたけど、

 

こうなるとね、

頭も回らなくなってくるし

体もだるくて色んな事がおっくうで

そんな自分をまただらしないと責めたり

人にも責められたりするようになるから

自分の中身にすら自信なくしていくんだ。

 

 

そういう体の不調や頭の回らないのも
自分のわがまま、意志の弱さと思って

自分を責めてたけど違ったよ。

 

脳が、ちゃんと自分が自分に押し付けている
飢餓ダイエットから体を守るために
エコモード(省エネ体質)にしてるからだったのでした。

 

 

ちなみに、このブログをずっと

読んでいる人は知ってるとおもうけど

体の飢餓状態は、

 

止まらない食欲や

基礎代謝の低下、筋肉量の低下、
体温の低下。。。などを
引き起こすだけではなく

 

精神状態までも

抑うつ、キレやすさ、集中力低下、

無気力無感動。。。など

過食症の人とそっくりになることが

アメリカの戦後の実験で確認されています。

 

>ミネソタの実験~飢餓で心も体も過食症に!?

 

 

オルトレキシア(健康食依存症)の
思考を持っている人は
 
自分の体がどんなに不調を起こしていても
自分の意志や性格の弱さのせいにして
その自分の心身の声は、間違っている、
としてしまうのは、
拒食症や過食症の人と同じです。
 
そして 自分の心身のサインより
「見聞きした情報の方が絶対正しい」
って思い込み
 
自分の心身が悲鳴あげても
その声を聞かなかったふりして
これ食えば健康なんだよ!!!って
押し付け続けるのです。
 
↑これ、自分のからだをペットと思ってみる。
出来れば名前もつけてみよう、とか
最近も記事に書いたけど、愛する人でもいいよ。
 
愛しい人やペットが
心身の不調だしてたら
情報が正しいっていってんだから
オカシイと意志が弱いとかきっと言わないよね。。
 
 
って、ここまでが
オルトレキシアのこころ
=健康情報に振り回される心が
引き起こす「体の飢餓」の話。
 
だけどオルトレキシアで一番ツライのは・・・
体もつらいけど
心の方がもっとつらいと思うよ。
 
その心の辛さは拒食、過食の方も同じですのでこの続きも参考になるかもしれないのでこの続きの記事も、引き続き良かったら読んでみてくださいね。
 
このあとは
■心の飢餓状態の心身の症状
■治りたい気持ちと痩せたい気持ちとの葛藤について

という順番で記事を書いていきます。

 

 
今日も読んでくれてありがとう✨
 

ポチっとな一日一回、皆さんのバナー応援クリックが励みです。  
皆さんの↓一日回ぽち↓が励みです

>> 続きをみる

燃焼系ボディは食べて作る!摂食障害も克服!の人気記事ベスト5

>>ブロガーページ

 

このブログ記事の評価
項目 1 2 3 4 5   ポイント
笑えた
 
0pt
役に立った
 
0pt
欲しい!
 
0pt
人に勧めたい
 
0pt
驚いた
 
0pt

燃焼系ボディは食べて作る!摂食障害も克服!

「燃焼系ボディは食べて作る!摂食障害も克服!」のプロフィール

ステップあやさん

18年のダイエット依存、摂食障害を克服。栄養不足で太りやすい体質になり一時は拒食+過剰運動で60キロまで太りましたが心と体、両面からのアプローチで摂食障害克服&ダイエットも成功

無理なダイエット、嘔吐、過剰な運動を続け”拒食症のおでぶ”になった私が語る、真のダイエット法。ダイエット依存や摂食障害からの脱出はもちろん、同時に幸せと食べて太らない体の両方を手にする方法です。

>このページをお気に入りに登録!

>ブロガーページへ

>URL:http://ameblo.jp/step-aya/


▼このページのリンクバナーです。以下のソースをお使い下さい。





ページトップへ戻る

みんなの記事評価ランキング

loading...

カテゴリ

loading...