ページ内を移動するためのリンクです。

on a ダイエット!

美容に関するクチコミが満載!いつまでもキレイでいたい女性のための情報ポータルサイト「美容情報.jp」

NEW!新着記事一覧

ブログ登録はこちら

人気ブログ

loading...

新着記事

loading...

人気記事

loading...

新着ブログ

loading...

トップ > 食生活トップ > ■コレは痩せる?太る?正解は…

■コレは痩せる?太る?正解は…

燃焼系ボディは食べて作る!摂食障害も克服!

 

↑初めての方はリンク集1と2から読んでね~

 

▼本文の前に
音譜摂食障害・ブログ村Ranking

音譜過食症・過食嘔吐ブログ村raning

音譜摂食障害「ブログランキング」

 

*********

 
おはようございます。
ステップあやです。
 
皆さんからのメールやコメント一つ一つ読ませて頂いてます。

皆さんの声を読ませていただいて、あ~、そこはね、あの話とつながっているんだよ~、とか、あぁソコで悩んでる人多いんだなぁ、じゃああれ書こう!って気づきを頂けることで、書き”たい”エネルギーになっています。
 
小さな”気になること”も大きなお悩みも、応援もご批判も本当にありがとうございます。
 
”痩せたい・食べたい”に繋がる”心の声”についてももっともっと書きたいし、”食/運動(に対する考え方)とダイエット”のことも書きたい、、。
あれこれシタイが出てきているのに、なかなか追い付きませんが、一つ一ついきますね。
 
 
今日はこれ。
 
 

慣れなくて死亡状態だったインスタのアカウントにのせたやつ。

 

 

私、マンゴー大好きなんです!

 

基本的に日本が大好きな私だけど、LAに戻って来て”LAもいいな~”と思う最大の理由の一つは、

 

この時期特にマンゴーがおいしくて、お手頃価格で入手しやすいこと、と断言できる位、大好きです。

 

しかし、このマンゴーとやらは、太りやすいと”言われる”フルーツであったりもします。

 

▼太りやすいと”いわれる”理由

・フルーツの中ではカロリーが高めだから

・南国のフルーツは”体を冷やす”から

 

これだけ見ると、太るのが好きな人でなければ罪悪感をもってしまいがちです。私もその一人でした、昔は。

 

しかし!

私はマンゴー大好き聖人。

 

体が大喜びします。体が喜ぶことをすると心も大喜びするので、旬の季節になると味もおいしく値段も手ごろになるので、美味しく食べたい時に食べたいだけ食べています

 

マンゴーが太る食べ物だとしたらこの時期わたしはいつもふとっているはずです。でもそんなことは一度もありません。

 

けどこれ、マンゴーならいくら食べても太らないという意味じゃない

 

食べ方にもよる。
 

太らないからとか痩せるから♪ってどっかで仕入れた情報をただただ体に押し付けて、食べたくもないのに食べてるなら、

 

そりゃマンゴーじゃなくても

痩せないか逆に太って当たり前です。

なぜなら、

 

1)体が欲してないときに欲してないものを入れても効率よくエネルギーとして使われないから。

 

2)ほかにほしいもの我慢して食べてるだけならそのストレスで ホントに脂肪蓄積や食欲増進に働くホルモンがでて太りやすい体質になっちゃうから。


 

3)これも他に食べたいもの我慢して”太らないもの”と聞いたものを無理やり食べてる場合だけど、

 

単純に”本当に食べたいもの”に対する食欲が「食べたいときに食べて満足して終了」とならず、どんどん募ってあとからぶちっと爆発してドカ食いとなりやすいから。

食欲の我慢=過食の予約。

 

 

こんなこと言ってる私も、”太る”ってどこかでいったん聞いたらその情報に惑わされて、食べたいのか食べたくないのか、自分の体の声が分からなくなっているときもありました。

 

(いつも我慢してなきゃ我慢してないものが食べたい気がするし、野菜のほうが安心だから野菜が食べたくてたべてるもののような気がするし)。

 

それって、コレは太る”とされてる”情報に暗示にかけられていたからでした。

 

もう、その考えが当たり前(思いこみ)になってるときは、どの情報みて太ると思い込んだのか、健康に悪いと聞いたのかも思い出せなくても、なぜなのかちゃんと説明もできなくても、ダメと信じたイメージを疑いなく信じています。

 

なんとなく糖質は太るという当たり前、、なんとなくカロリーは太りやすさ度という当たり前。理屈もなぜダメなのか聞いたことを説明できるけど、よく考えればツッコミどころ満載な理屈なのに、疑いもしませんでした。

 

結局、理由がなんにせよ、いつかどこかの誰かがいってた情報、”食べちゃダメのイメージ”になって植え付けられて、いったんこれは太ると信じたら、毎回自分でそれは太るよー太るよーと自分に暗示をかけて生きてたのですガーン

 

 

 

そんな暗示にかかっていたのですから、”体が食べたいものは言われても分からない””食べたいと思って食べても満足感どころか罪悪感でもっと食べたい、ストレスで太りやすくなる’”となるのは当たり前でした。

 

 

”暗示は暗示でとく” 
 
私が、痩せる太る情報の暗示を解くためにしたことの一つはこれです。
 
まず、「我慢しているから」「食べていい悪いと”頭で”決めて、食べたいものを我慢しているから」→「逆に食欲が安定せず、効率よくエネルギーとして使われなくてダイエットがうまくいかない」という”自分のパターン”に気づくこと、そこからです。
 
”これは食べちゃダメ”という暗示にかけられたまま、”食べたいもの"を自分に聞いても、昔の「それは太るぞ!」の古い暗示(思考)が邪魔してくるので、”体のサイン=本当に食べたいモノ食べたくないモノ=今の自分に必要、不必要”を選べなくなるのも当たり前なので、
 

”これは太る”という暗示にかかった食べ物に対し、”実はダイエットによいんだよ”と暗示にかけなおしていきました。

 

決して、〇とする情報、×とする情報、どちらが正しいか、という視点で情報を見るのではなくて、

 

・どんな食べものも〇の面も×の面もある、ということ。

・×とされる食べ物だって使い方次第で〇にもなるんだ、ということ

 

これを理解することで、食べ物を”平等に”みることができると、思考をフラットにして”体”の必要・不必要を知らせる声に耳を傾けることがしやすくなります。

 
 
●食べたら太ると”されている”から食べたくない。
●太りにくいと”されている”もの(時間)だから、食べたい。
●腹八分にすべきと”聞いたから”、
●満腹感=太るという思い込みから、食べたくない。

こういう外部の情報に基づいて頭で考えて作った食欲ではなくて
 
”今ここ”の自分の体が感じていることはなんだろう。

食べたいかな?食べたくないかな?
おなかが空いた?空いていない?
何なら心地よく楽しく食べられそう?

外の情報はどうあれ、自分の内側から湧き上がる食欲を感じてみてください。
 

体が感じていることは、快も不快も、今してほしいこと、してほしくないことを私たちに知らせてくれているサインです。どちらも聞き取り”心地よく満たしていくこと”で、満足感が高まり食欲は安定します。

 

同じものを食べていても、太る太るとストレスで食べていても、脂肪蓄積と食欲増進を招くホルモンが出ちゃうんだよーっていうことも書いてるけれど、本当に楽しく食べることがダイエットになるんだよラブラブ

 
昔は過激なダイエットしたって体がきつくたって、心が泣いていたって、体が細く体重が減るダイエットばっかり探していたけれど、それで気づけば痩せても太っても生きるのやめたくなっちゃったから。
 
18年の摂食障害のときね。あんなツライダイエット人生、よく頑張ったなあっておもいます。まずはそんな自分に辛かったね、っていってあげることから今の考え方に変わってきました。

 

いくら痩せても、毎日ルールに縛られてイライラしている自分になるより、心地よく自分の体とお付き合いしていくダイエットでできた今の自分の方が好きです。体型も内面も、嫌いなところもいっぱいあるけど、それでも。

ダイエットもダイエット以外の子生活も楽しんで、作らなくても自然に笑顔になれる、ふわふわしてる自分を、よかったなって思えるようになったことが、良かったなって思います^^

 

皆さんの↓一日一回ぽち↓が励みです

>> 続きをみる

燃焼系ボディは食べて作る!摂食障害も克服!の人気記事ベスト5

>>ブロガーページ

 

このブログ記事の評価
項目 1 2 3 4 5   ポイント
笑えた
 
0pt
役に立った
 
0pt
欲しい!
 
0pt
人に勧めたい
 
0pt
驚いた
 
0pt

燃焼系ボディは食べて作る!摂食障害も克服!

「燃焼系ボディは食べて作る!摂食障害も克服!」のプロフィール

ステップあやさん

18年のダイエット依存、摂食障害を克服。栄養不足で太りやすい体質になり一時は拒食+過剰運動で60キロまで太りましたが心と体、両面からのアプローチで摂食障害克服&ダイエットも成功

無理なダイエット、嘔吐、過剰な運動を続け”拒食症のおでぶ”になった私が語る、真のダイエット法。ダイエット依存や摂食障害からの脱出はもちろん、同時に幸せと食べて太らない体の両方を手にする方法です。

>このページをお気に入りに登録!

>ブロガーページへ

>URL:http://ameblo.jp/step-aya/


▼このページのリンクバナーです。以下のソースをお使い下さい。





ページトップへ戻る

みんなの記事評価ランキング

loading...

カテゴリ

loading...