ページ内を移動するためのリンクです。

on a ダイエット!

美容に関するクチコミが満載!いつまでもキレイでいたい女性のための情報ポータルサイト「美容情報.jp」

NEW!新着記事一覧

ブログ登録はこちら

人気ブログ

loading...

新着記事

loading...

人気記事

loading...

新着ブログ

loading...

トップ > 食生活トップ > ■ストレスで食べちゃう”体”のメカニズムとチョコレート祭りのお話

■ストレスで食べちゃう”体”のメカニズムとチョコレート祭りのお話

燃焼系ボディは食べて作る!摂食障害も克服!

 

↑初めての方はリンク集1と2から読んでね~

 

▼本文の前に
音譜摂食障害・ブログ村Ranking

音譜過食症・過食嘔吐ブログ村raning

音譜摂食障害「ブログランキング」

 

*********

3月にこの記事で書いた私の食欲の乳製品祭りとチョコレート祭りの記事を書きました。それを見た読者の方から昨日、”チョコレート祭りどうなりましか?”ってメールが届いて思い出しました(笑)。

 

チョコレート祭りも自然に終わったよ~。こっち(LA)に帰ってきてから特に、ぴたっと求めなくなった。無理やりやめたんじゃなくて終わった。

 

日本のチョコレート一杯持って帰って来たけど、減らずに残っています。

 

 

特に、3月のチョコレート祭りの時は、カカオ86%と95%のすごく苦いチョコを体が求める頻度が高かったのです(だからたくさん買ったのに3箱しか残ってないw)。

 

 

前は、こういうのも否定しないから止まるんだよーって書いたのですが
>ダイエットしないで痩せるとはー乳製品祭りとチョコレート祭り

 

 

ちゃんと体が求めるには理由があるんだ、ってことは書いてなかったので、それを今日書こうとおもいます。

 

同じ糖質とるならご飯のほうが砂糖も添加物も何も加えず完結されているものだし、粒食のためゆっくりと消化されゆっくりエネルギーになるので太りにくく健康的、っていうのは私も本に書いたけど、体調によってはゆっくり消化されて体にもダイエットにも良いはずのたべものが合わない、キツイと感じる時があるのね。

 

私の場合は、軽いストレスをずっと感じてるときがそう。

 

ストレスって、生き辛さとか深刻なものじゃなくても、スケジュール的に(遊びか仕事か関係なく)忙しいときや、いつもと違う生活スタイルで気が張っていて、交感神経が優位になってるような感じのストレスです。

 

丁度チョコレート祭りのころは、父の看病と自分の仕事とで、体もだけど心も気づかれが普通になっている、、いつもと違う生活スタイル、体調、心の調子になっていました。

 

そんな時私の場合は、胃腸にまず来ます。

胃もたれしやすくなるしウンチも出なくなるw

 

なぜそんなとき、腹持ちが良いものが苦手になるのかって、腹持ちが良い=消化が悪い、だから、一般的に。
 
野菜や玄米なんてもっと、不溶性食物繊維も多くて消化に負担がかかるので、いくら体に良いといわれていても、そんな体調でたべても消化不良を起こします。それはもう体験で体が知ってるので、体がその食べ物を欲しがらなくなるのです。
 
そんな当時の私の生活スタイルと体調にも合っていたのが、胃腸に負担がかからずすぐに消化できてすぐに体と脳のエネルギーになる糖分とカロリーがとれ、かつ、ストレスで消耗する栄養素を豊富に含む食べ物=カカオ率高めの苦いチョコレートだったのだと思います。
 
事実、カカオ多めのチョコレートは、食物繊維やビタミンEやなどのビタミン類、鉄分、セレニウム、マンガン、リン、亜鉛、ストレスで消費されるマグネシウムやカリウムを豊富に含む食べ物です。糖質やタンパク質や脂質の代謝に不可欠なナイアシンも多く含んでいます。
 
まさに、ストレスも多く、家の用事と父の看病と仕事であちこち行き来していた活動量の多い生活スタイルで、胃腸の調子もよくなかった私の体調には、最適な食べ物ではありませんか。
 
ビタミンCもストレスで消耗する栄養素だけど、それは苦いチョコで間に合わないものを欲することで間に合わせていた。実際なんだかよく果物やフルーツジュースも欲しかったのでよく飲んでいました。
 
人の脳って
ほんとすごいんだよ。
 
あと、あのころ”乳製品祭り”も同時進行と書きました。
 
あれも、チーズやミルクに含まれるカルシウムや、脂質やたんぱく質、そして”必要なカロリー”が少ない量でとれることを、普段から差別せずに取り入れていたおかげもあって脳がちゃんと判断し、その時の私の必要なものを多めに欲するように調整した結果、頻繁に欲する食欲を送ってくれていたのではないかと。
 
その時は、そんなことを考えて食べていたわけじゃないよ。
ただ食べたいから食べてただけなんですがw
 
そーいう経験してきて、もう外から入ってくるダイエット情報より自分の食欲を信じているので、どんな食欲でも”なんか理由があるんだろうな”って信じているので、殆ど何も考えません。何を欲しても食べてもストレスにもなりません。
 
ただ、後から思うと、ストレス過多で胃腸が不調で野菜や米を消化することが負担だった当時の体が、喜んで苦いチョコや乳製品を求めるのは、自然なことだったんだな、って思える理屈があった、ということなのです。
 
本にもいくつか書いたけど、こういうことはこれだけじゃなくて沢山あったの。
 
わたしは、風邪をひく”前”に食欲が増えるというのも本に書いたけど、それも体がこれから高熱を出し鼻水を出して”風邪を治すために必要な活動するために、エネルギーを多めに欲するからじゃないかと。
 
熱が出てからは食欲が落ちますが、それも、食欲を減らして食べ物を消化吸収に奪われるエネルギーを症状を治す活動の方にまわして頑張ってくれているからんじゃないかと思うんですね。
 
実際、食欲に任せて体が食べたがるものを食べていた方が治りも早いです。
 
***
 
こういう自然な食欲は、万年ストイックダイエッターの時はわかりませんでした。
 
体が食欲を発信する前に、頭で食べてよいもの悪いもの、この量は良いか悪いかを考えて体に押し付けていたし、自分の頭で許していないものを欲するとその食欲を否定してたから
 
我慢してなきゃ普段は我慢してるものばかり食べつくしちゃうクレイジーな食欲になっていたのも、食欲に従うことをしていなかった結果です。
 
摂食障害を治すときに、少しずつ自分の禁止と仲直りしていくうちに、このような自分の体調に合わせた体の声(食欲)が分かるようになりました。
 
 
ダイエットしたい気持ちはどうするんだ、と思うかもしれませんが、体が発する食欲に従って、体が心地よく感じるように食べていれば、そうそう太るものではない、というのが私の実感です。
 
1~2キロの変動はありますが、それは体のバランスを良い状態に保つために体が水分量を調節してるだけの自然現象ですので”太った痩せた”とはいいません。200Gの増減で痩せた太ったと大騒ぎしてダイエット!!とかやってはリバウンドの過食がおこっていた頃もあったけど、まったくのおバカちゃんでした。
 
 
***
 

こういう、食欲と体の栄養状態が関連しているという考え方は、私の勝手なイマジネーションでじゃなくて、アメリカの科学者の様々な実験でもよく出てくるものなのね。

 
「体の栄養状態」によって、脳が食欲を増やしたり減らしたり、基礎代謝を上げたり下げたりを判断し、その時の自分にとってのベストな状態になるよう調節してくれている。
 
しかも体の栄養状態って何を食べているかだけでなく、肉体的ストレスや精神的ストレスによっても変わってくるものなんだということ。
 
つまり、摂取カロリーと消費カロリーの計算だけで痩せる太るは決まらないし、食欲は意志を固くして我慢すればいいってもんでもんじゃないんだーっていうことと、食欲を信頼するのが一番自分に合った食べ方になってるものなんだ、ということの証明でもあります。
 
 
これを裏付ける栄養の細かいことは、ブログ初期から読んでいくか本のほうがまとまっているかと思いますので、興味のある人はご活用ください。栄養素の細かいことと科学者のデータの裏づけは『ステップあやの食べて痩せた!最後のダイエット』)の方がまとまっていると思います。
 
***

ここ最近の私は、3月の時点とは精神状態も生活パターンも変わりました。ラクですw。もうすぐ死ぬと宣告された父の治療もうまくいってて今元気です。心のストレスだけじゃなくて、活動量も少なく肉体的な疲労のストレスも減りました。
 
よって胃腸の調子も戻ってきました。
お通じも絶好調ですWW
 
しっかり野菜も消化できるので、結構体が求めるようになりました。今日、体が求めてやまなかった食べ物はこれ。
 
 
野菜スティックwith 味噌マヨネーズ。
 
暫くぶりに欲しくなった。
 
野菜過食全盛期は野菜しか許せなかったから大量に詰め込んでたけどね。好きだから食べてるって思ってたけど、怖くて(過食時以外)食べるの怖いから、許せる野菜を詰め込んでいただけでした。
 
チョコも、頻繁に求めることはなくなったけど全く食べたくならないわけではないよ。でも今はビターチョコよりむしろ、ミルク系の甘いのを一つ二つ食べて満足です。
 
その、一つ二つでやめるができないんだーっていうひともいるかもしれないけど、私も”極端なダイエットの反動”としての体の過食のまっただなかやその回復期は、ストレスあってもなくてもできなかったので、焦らないで大丈夫だよ~。
 
できることから一つずつね。
 

皆さんの↓一日一回ぽち↓が励みです

>> 続きをみる

燃焼系ボディは食べて作る!摂食障害も克服!の人気記事ベスト5

>>ブロガーページ

 

このブログ記事の評価
項目 1 2 3 4 5   ポイント
笑えた
 
0pt
役に立った
 
0pt
欲しい!
 
0pt
人に勧めたい
 
0pt
驚いた
 
0pt

燃焼系ボディは食べて作る!摂食障害も克服!

「燃焼系ボディは食べて作る!摂食障害も克服!」のプロフィール

ステップあやさん

18年のダイエット依存、摂食障害を克服。栄養不足で太りやすい体質になり一時は拒食+過剰運動で60キロまで太りましたが心と体、両面からのアプローチで摂食障害克服&ダイエットも成功

無理なダイエット、嘔吐、過剰な運動を続け”拒食症のおでぶ”になった私が語る、真のダイエット法。ダイエット依存や摂食障害からの脱出はもちろん、同時に幸せと食べて太らない体の両方を手にする方法です。

>このページをお気に入りに登録!

>ブロガーページへ

>URL:http://ameblo.jp/step-aya/


▼このページのリンクバナーです。以下のソースをお使い下さい。





ページトップへ戻る

みんなの記事評価ランキング

loading...

カテゴリ

loading...