ページ内を移動するためのリンクです。

on a ダイエット!

美容に関するクチコミが満載!いつまでもキレイでいたい女性のための情報ポータルサイト「美容情報.jp」

NEW!新着記事一覧

ブログ登録はこちら

人気ブログ

loading...

新着記事

loading...

人気記事

loading...

新着ブログ

loading...

トップ > 食生活トップ > ■摂食障害と生き辛さが”治っているからこそ”の葛藤

■摂食障害と生き辛さが”治っているからこそ”の葛藤

燃焼系ボディは食べて作る!摂食障害も克服!

↑初めての方は「リンク集」から読んでね~

 

▼本文の前に・・
右差し摂食障害ブログ村raniking

右差し過食症・過食嘔吐ブログ村raning

右差し摂食障害「ブログランキング」

 


*はじめに

 

今期残りの美人塾もいよいよ来週末になりました。

↓↓

東京駅すぐ-追加開催決定

 

  こちら2/17午後-対人関係の生き辛さ-お申し込み
*摂食障害当事者/体験者/その他
 

 

******

 

ステップあやです。
 

久しぶりの更新になりましたが

まだ、日本にいます^^

 

父が今週はじめに入院して

少しばたばたしましたが

退院の見通しが立ちおちつきました。

 

 

皆さんからのメール、コメント、

全て目を通していますよ。

 

全て、あ、それはあれだよ、とか

そういうときはこうだよ、とか

心の中で思いつつお返事ができず

もどかしいのですが、、

 

でもおそらく私が返信したとしても

それでスッキリ解決、

という答えがあるわけじゃないのだろうな、ともおもうのね。

 


余計それはわかってる、とか

 

そんな簡単じゃないよ、とか

 

楽になるためにそれやっても

今度はこれが辛いじゃん、とか

 

 

そういう感じになるのは

私自身もそうだったという意味で

よくわかるのですが

 

 

何を言われてもやっても

どう考えても

 

生きづらい心も

クレイジーな食欲も

太りやすくなっちゃった体質も

 

 

なんか特定のことをしたら

いますぐ

はっきり

良くなるとか楽になる、

 

っていう治り方するわけではないから

そこを目指してると何しても

何もよくなってない気がするし
何しても無駄だった気がして

ちゃんと楽になるため治るために
一つずつやることやってても
間違ったことしてなくても

なんかダメなきがして
全部ほうり投げてしまいたくなっちゃうかもしれない。


少しずつ楽になってることも
それが楽になるための”葛藤”はあるけど
それは、終わりのない

”痩せさせすれば解決”
”絶対太らないように体重や体型だけコントロールできればそれでいい”

っていう方向で
終わりのない戦いをしてるときの
終わりのない苦しさを
おっかけてるときとは全く別で

悩みながら葛藤しながら
解決に近づいていけることなんだ。


っていうのは何日かまえのこの記事のコメントをみて思ったことです。

 

太っていてもニコニコしていれば魅力ある!と思って、ここ三ヶ月くらい、オシャレもして引きこもらずいろんな人ともあって...

 

でも難しいよ。

 

だってどんなに自分に嘘つこうとしても、本心は「私は醜い」と思ってて、その本心の部分は変えられなかった。

 

三ヶ月無理して自信あるふりしてきたけどもう演技できない、もう疲れちゃった。

 

心の底から、太っていてもニコニコできる日なんて来るのかな。自分に嘘つくのも無理するのも良くないね。

 

でも感じるままに毎日泣いて引きこもって過食するのもそれはそれで良くない... 自分の外見が大嫌いって、つらいね。

 


**********


うん、辛いよね><。

でもあなた間違ったことしてないし
今の辛いのは
治ってないわけじゃなくて
ちゃんと治ってるからこその葛藤だと思うよ。


あのね、
この辛さの本質だけどね、
私も腑に落ちるまで
相当な年月かかったけど

自分の外見が好きになれないから、辛い
…のではなかったんだ。


外見、体型、体重(←ここは微妙に人により異なるけど)が、自分の”一部”じゃなくて自分の全て、あるいは大部分。

という、”考え”が、当たり前になっちゃってたから辛かったの。

別の言葉でいいかえれば

 

自己評価の全てあるいは大部分が、外見、体型、体重(←ここは微妙に人により異なるけど)の評価になっている

 


ということでさ。


だから

外見、体型、体重に対する
自分の評価は
単に”そのこと”について自信がない、
じゃなくて
自分の存在自体が恥ずかしいとか、
自分の存在自体に価値がない、とか
自分自身が嫌いだ、

ってなっていて、

 

 

外見、体型、体重に対する
他人の評価も

 

単に見た目という”ほんの一部”について
~と思われた、といわれた、

ちぇ、いやだわ~とならなくて

 

自分の存在自体を否定された

自分の存在価値が低い、ないといわれた

 

・・・ような

「気がして」

 

だから苦しかったんだよ。

 

 

だけど、あなたは

そこから回復段階にはいっていて

きっと治ってるからこその

葛藤にぶつかってるのではないかな。

 

 

だって病気の真っ只中は

痩せればこんな思いしなくてすむんだよー
何を犠牲にしたってやせなきゃだめだよ~

っていう
病気(自分の中にいる摂食障害さん)
の声の言いなりになるだけで

痩せた、太ったっていう

そこのコントロールに

全てのエネルギーと時間を使っていて、

ダイエット以外の生活で感じられる心地よさや、体重や体型次第でなくならない幸せもや楽しみも犠牲にしても、やせれば、、やせたら。。ってとこしか見えずにやってたはずで、今の葛藤もできなかったとおもうもの。

 

私ももちろん

まっただなかは、そうだったのね。

 

でも、痩せれば、痩せたら、、
ってそれだけに人生かけて

10年摂食障害やったころ

そのやり方では
たとえ痩せてほっとしても
その痩せを維持してないとなくなるんだ
って恐怖と背中あわせで

なくならなために
ダイエットしなきゃ、あれしなきゃって
常に強迫観念と強迫行為に追われて
やっぱり生きるの苦しいのは
変わらないんだ

 

と気づいて、、


少しずつ、
痩せた太った以外で変わらない
”私”の中身を知ることして

少しずつ
体型や体重に関わらず
しあわせだなって感じるもの、こと、
ひと、仕事、趣味、、増やしていって

自分にたいして
こうしてはだめ
こういうのは無駄
ああいう風にならないとダメ

って、世間や他人や親の価値観で
自分を型にはめていたことも
一つ一つ、

人はともかく
自分自身の心と体はどうしたいの?
したくないの?

って自分にきいて、
自分を満たすための行動をしていった。


行動だけ変えても
考えが変わらないと楽にはならないから


今までも一杯かいてるように
自分の中にある
~べき、べきでない、の”当たり前を
疑っていくこともしていった。


自分ひとりだと自分の考えのなかで
ぐるぐるしてしまうから

自分が×つけてることを
○と思って生きている人や

 

逆に
自分がぜったい○だ
(~するべきだ、いいことに決まってる)
って捉えていたことは
逆に×だと思ってる人の捉え方を

人にきいてみたり
そういうひとの生き方捉え方を
観察してみたり、

 

そもそも

これが×とかこれが○とか

考えもしないで

今ここの自分が心地よくなるよう

生きてる人を観察してみたり。
 


・・・

っていうのも
治るため楽になるため、
って頑張ったわけじゃなくて

痩せなきゃ、とか
がんばらなきゃ、とか
ネバならない思考から
楽になりたいと思い始めたときから

ひとつひとつしていったんだ。


そのように
自分の中にある固定観念を
少しずつ、緩めていくことで

私自身が
今ここの自分を楽に楽しくする
選択をできるようになったり

そのためにしてることに
無用に罪悪感や劣等感を感じず
平和に過ごせる時間、

ひと、もの、コトが増えて
楽に生きられるようになっていったの。

↑↑これが
摂食障害の食症状や
”痩せたいなあ”じゃなくて

”痩せなきゃ自分はダメ”ってなる

心の症状が楽になることと
どう関係してるか

っていうのは
今までも一杯記事を書いてる通りで。




色々かいたけどつまりは

・行動を変えること
・考え方を変えること
・方向性としては依存をやめるのではなく依存対象を増やすこと



をしていったのだけど。

それ、本当に
何度も何度も書いてるけど


痩せる太るについての考え方も
頑張る頑張らないについての考え方も

時間をかけて
自分のなかに、できたわけだから

それが自分にとって
心地よく生きられる”捉え方”に
変わっていくにも
それなりの時間がかかるのは
当たり前なんだと思うのだよ。

 

 

まず自分が苦しんでる

 

 

”当たり前(捉え方)が当たり前じゃない

のかも?って気づいて

 

楽な当たり前(考え方)で

生きてる人もいることに気づいて

 

色んな人の生き方や考え方も見て聞いて

 

自分はそうなれないとか

それでは楽になれないとか

やっぱり痩せなきゃ頑張らなきゃとか

やっぱり痩せれば頑張れれば

うまくいくはずだ、、

 

とかいってくる

もともとの捉え方と

葛藤しながら、

 

自分の自由に生きること

人も人の自由に生きること

許せるようになってくわけだよね。。

 

 

それが回復につきものの葛藤。


何をするにも
お間は太ってるからダメだとか’
お前は痩せるべきだとか
ささやく病気の声と

病気の声のいうとおりにしてても
楽にはならないんだから
言うとおりにはしないわよ、
って思えるようになった健康な自分の声と

戦わせながら
葛藤させながら
自分にとっての選択を選べるようになる。


でも心がついてこないのね、、

 

 

でも回復って
心は後から付いてくる

なんだけど

 

それも、

正しいことしてたら
三日とか三週間とか
一ヶ月とかで変わる

というわけじゃないのは
先ほど書いた通りで。


私は↑↑の方向でやっていこうと
初めて思ったときから
8年かけて、まあやっと、、
 

 

お前はたベてはいけない、
痩せない限りお前はダメだ、
あの人はできてるのに
なぜお前はできないんだ甘えるな、
 ・・などなどの元もとの
苦しい病気の考えの

言いなりになって
心身に無理させる生き方、食べかた
を選ばないでいられるようになった

・・というくらいだったけど

まだまだ気になる心は
今と比べたらたくさんあったよ。

だからこそ
食についても、生き方についても
何が正しいかじゃなくて
自分が楽になれるような考え方

まだその時点では
自然に選んでるんじゃなくて
一生懸命選んでる、

ってかんじだったとおもいます


そりゃそうだよね。

「痩せる太るが
 自分の存在価値にまで及ぶ重大事」
という心の症状は
治ってる途中なわけだから
 

その間は、

やっぱり体重や体型のことが
重大事で、人一倍気になってしまうのは

それゆっくり治ってる途中はまだ

きになってしまうのは自然なことだし、

 

 

苦しんでないと頑張ってない

頑張ってないとダメなやつ

 

って考え方も

私の場合は私にはあわなくて

病気に直結してしまった考えだったので

その捉え方を煽る人や情報は選ばず

そこを逆に許していいんだってほうに
ひっぱってくれる考え方を選んできたけど

それもなんかしたら
急に突然治るじゃなくて
葛藤しながら楽になるものだから
葛藤してるからこその苦しさもあった。


だから、いやだけど
気になりながらでいいんだとおもう。


だけど
気になるほうが辛くて
痩せれば。。に戻るのも、
がんばれれば。。に戻るのも
それはダメではなくて、。

私も戻ったよ、何度も。

でも
痩せても頑張れても
一瞬楽になっても
そのために苦しんでないといけないのは
やっぱり苦しいなって再確認したんだ。


この楽を選んでも
あの苦がついてくる

あっちの楽を選ぶと
こっちの苦がついてくる

幸せになるためる
何を覚悟するべきなのか

 

という考え方も

よくわたしかくけど


その考えも

私自身がすぐに楽にかわれなくて

葛藤してきたから書いてるんだ。

 

そう。

幸せになる覚悟。

 

覚悟って言うくらいだから

何か覚悟したら

嫌なことがなくなるわけじゃなくて

 

痩せる太る以外に

優先したいと思えるもの、こと、

人との関係、時間、などなど

依存対象を「増やして」きて

それを選びたいと思ったら

それについてくる

こちらのモヤモヤも引き受ける覚悟、

 

 

覚悟っていうのは

腹を括ること

決して楽なだけではなかった。

 

 

 

苦しいことや辛いことが

まったくなくなったわけじゃないし

痩せる太るが全くきにならない

わけではないけど

 

私の人生は

体重次第でもない

体型次第でもない

誰かのどっかの評価次第でもない

 

わたしが
私のために
何を引き受けて
何を引き受けないか
決められるコントロール感がある


そんなかんじ。


自分殺して自分を変えることで
体重や体型をコントロールしたり
他人の評価をコントロールしたり
しようと思って苦しかった頃、、

本当に苦しかったけど
本当にほしかったのは
自分の人生のコントロール感。

体型や体重や他人次第の
幸せ求め続けることじゃなくて
自分の幸せは
自分がイニシアチブをとること
だったと思う。

 

 


>幸せのイニシアチブ

 

 

 

 

 

 

 

 

ポチっとな一日1回皆さんの応援クリックが励みです。

 

 

 

※ブラウザの”戻る”でこの画面に戻ります    

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 摂食障害へにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 過食症・過食嘔吐へ

 

コメント&メール相談を送る前に
 >必ずコチラの注意事項とお願いをお読み下さい。

 

コメント・ご相談メールは>こちらから
 
 

 

▼今期の美人塾残りの会場
 

キラキラ東京追加開催決定
  こちら2/17午後(東京)追加開催決定-対人関係の生きづらさ

対象:摂食障害/生き辛さに悩む当事者、ご家族、恋人

次回以降の開催や臨時開催などの最新情報をLNEで受け取れるようになりました
↓↓
Add Friend
*PCの方は↑を押して出てくるQRコードをスマホで読み取ってください。 メールでお知らせ希望の方はこちら⇒★

 

 


個人セッションのご案内
↑ステップあや帰国時は
 対面セッション有@大宮  

*次回は2017年12月半ば
 ~2018年2月末ごろまで。
・対面セッション
・Skype・LINE通話、電話

摂食障害・ダイエット依存・生き辛さ
ご本人&支える側の方もどうぞ

 

 

右矢印ステップあやの書籍その他お薦め本

このブログはリンクフリー(無許可でリンクをはってもOKです


>> 続きをみる

燃焼系ボディは食べて作る!摂食障害も克服!の人気記事ベスト5

>>ブロガーページ

 

このブログ記事の評価
項目 1 2 3 4 5   ポイント
笑えた
 
0pt
役に立った
 
0pt
欲しい!
 
0pt
人に勧めたい
 
0pt
驚いた
 
0pt

燃焼系ボディは食べて作る!摂食障害も克服!

「燃焼系ボディは食べて作る!摂食障害も克服!」のプロフィール

ステップあやさん

18年のダイエット依存、摂食障害を克服。栄養不足で太りやすい体質になり一時は拒食+過剰運動で60キロまで太りましたが心と体、両面からのアプローチで摂食障害克服&ダイエットも成功

無理なダイエット、嘔吐、過剰な運動を続け”拒食症のおでぶ”になった私が語る、真のダイエット法。ダイエット依存や摂食障害からの脱出はもちろん、同時に幸せと食べて太らない体の両方を手にする方法です。

>このページをお気に入りに登録!

>ブロガーページへ

>URL:http://ameblo.jp/step-aya/


▼このページのリンクバナーです。以下のソースをお使い下さい。





ページトップへ戻る

みんなの記事評価ランキング

loading...

カテゴリ

loading...